シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募情報をまとめた、シナリオライター・脚本家・作家・映画監督・漫画原作者などを目指す人向けのサイトです。
映画、TVドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、絵本、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイド。
X(旧Twitter)Blueskyでは、募集中のコンクールや審査結果、脚本術、作家の話題、ドラマ・映画関連情報、創作ネタなどを投稿しています。

TOEI VIDEO NEW CINEMA FACTORY/東映ビデオ

TOEI VIDEO NEW CINEMA FACTORY/東映ビデオ
TOEI VIDEO NEW CINEMA FACTORY
締切:2021年9月30日(木)24時 [Web応募]
『百円の恋』、『愛の渦』、『アンダードッグ』 など、公開規模の大小に関わらずウェルメイドな作品で数々の映画賞を獲得してきた東映ビデオは、新たな才能を発掘する新プロジェクト「TOEI VIDEO NEW CINEMA FACTORY」を立ち上げます。
東映ビデオの持つ制作能力(制作人脈)という財産をもちいて、新進クリエイターと共に良質な “劇場映画” を作り、それを未来へと継続していくプロジェクトです。
企画コンペから、演技のワークショップ、製作、プロモーション、上映まで、全プロセスを新進クリエイターと共に推進していきます。

受賞企画作品
製作が決定した作品には、東映ビデオが製作費として1500万円を出資し、さらにプロデューサーが製作をバックアップ。
製作に際して、監督には監督料として50万円が、脚本家には脚本料として50万円が製作費より支払われます。(同一人物の場合は合計100万円)

※応募者に、賞金、賞品などは発生いたしません。

応募資格
  1. プロのクリエイター(映画監督、脚本家)として活動している方、またはプロのクリエイター(映画監督、脚本家)を志望する方に限定致します。
  2. 監督、脚本が同一人物であっても、監督、脚本がそれぞれ別人物であっても、応募可能です。(監督、脚本が別人物の場合は、必ず両者合意の上、コンビでご応募ください)
    なお、脚本のみ(監督未決定)での応募は受け付けておりません。
  3. 監督については、単独で行うことを条件とします。
  4. 脚本については、単独執筆でも共同執筆でも応募可能です。
    但し、共同執筆の場合は、必ず両者合意の上、著作権の配分率を明記してください。
    (例)東映太郎:70%、東映花子:30%
  5. 監督については、製作が決定した場合、2021年秋〜2022年にかけて映画制作、プロモーションにスケジュール、労力を割ける方に限定します。但し、スケジュールの詳細は個別にご相談させていただきます。
  6. 未成年者でも応募可能です。
    但し、未成年の応募者は必ず親権者の方の同意が必要となります(監督、脚本が別人物の場合は、必ず両者ともに親権者の同意が必要になります)。
    応募フォームから同意書をダウンロードし、親権者の方ご同意の上、「お問い合わせ窓口」メールアドレス宛に同意書をご送付ください。
応募要項
    ▼企画書について
  1. 映像化されていない劇場用日本映画の企画書に限ります。(日本語で書かれたもの)
  2. オリジナル企画に限ります。(原作のある企画は不可とします。)
    後日、応募作品について第三者よりクレーム等が発生した場合は応募者の責任においてご対応いただきます。
    この点において、当社は第三者からの全ての(権利侵害による賠償の)請求から除外されるものとします。
  3. 作品テーマは「青春映画」です。
    10代~20代の登場人物を中心としたストーリーに限定します。
  4. 10日間程度の撮影日数、完成尺70~90分を想定した作品とします。
  5. 企画書内に、必ず以下の項目を記載してください。それ以外の内容は自由です。
    ・企画意図
    ・ターゲット(見せたい観客層)
    ・登場人物、およびイメージキャスト
    ・応募者(監督、脚本家)のプロフィール(年齢、出身、略歴、作品歴、受賞歴など)
    ※その他、想定しているスタッフ案等あれば、任意で記載してください。
  6. ファイルフォーマットはPDFのみで、10MBまでのファイルを応募フォームにアップロードしてください。企画書データを作成するソフトは自由とします。

    ▼脚本について
  1. 映像化されていない劇場用日本映画の脚本に限ります。 (日本語で書かれたもの)
  2. オリジナル脚本に限ります。(原作を脚色した脚本は不可とします。)
    参考資料・引用については、脚本の末尾に明記してください。
    後日、応募作品について第三者よりクレーム等が発生した場合は応募者の責任においてご対応いただきます。この点において、当社は第三者からの全ての(権利侵害による賠償の)請求から除外されるものとします。
  3. 作品テーマは「青春映画」です。
    10代~20代の登場人物を中心としたストーリーに限定します。
  4. 10日間程度の撮影日数、完成尺70~90分を想定した作品とします。
  5. 脚本の長さは、A4サイズを横に使用、20字×40行(縦書き)で40枚程度を目途に、35枚以上45枚程度とします。必ずページ番号を振り、読みやすい字間・行間で作成してください。
  6. 表紙に「タイトル」「執筆者氏名(ペンネームを使用する場合は併記)」「監督名」「総ページ数(脚本本文のみ)」「執筆完了年月日」を明記し、次ページ以降に「あらすじ(800字程度)」及び「登場人物表」を添えてください。
  7. ファイルフォーマットはPDFのみで、10MBまでのファイルを応募フォームにアップロードしてください。脚本データを作成するソフトは自由とします。
  8. 他のシナリオコンクール等において入選・受賞した脚本の場合は、映像化における一切の権利が第三者(企業や団体など)に帰属していない脚本のみ、選考対象とします。
応募方法/締切日
公式ホームページの応募フォーマットに沿ってご応募ください。

締切日:令和3年9月30日(木)24時までにアップロードを完了してください。(時間厳守)

審査
応募作品は、第一次の選考を経て特別審査員を含めたメンバーによる最終審査となります。

スケジュール
※以下のスケジュールはあくまで目安であり、キャストやクリエイターのスケジュールの都合等により、変動する可能性があります。

▼2021年6⽉
劇場映画企画コンペティション
企画書、オリジナル脚本を募集いたします。 応募された⽅のこれまでの制作実績やプロフィールなども含め 東映ビデオのプロデューサーや外部から特別審査員を招いて審査させて頂きます。

▼2021年9⽉末
企画応募締切

▼2021年11⽉末
受賞企画発表

▼2021年12⽉
制作準備開始(メインキャスティング、スタッフィングなど)
東映ビデオが製作費1,500万円を出資。 さらに、東映ビデオのプロデューサーが制作、キャスティングをバックアップしてクリエイターとともに、“劇場映画” を作り上げます。

演技ワークショップ(兼オーディション)参加者募集開始
選出作品の監督による演技ワークショップを実施します。 ワークショップはオーディションも兼ねているので映画出演への⼀部抜擢もあり、 理想的なキャスティングにつながります。

▼2022年1月
演技ワークショップ(兼オーディション)開催

▼2022年2月
クラウドファンディング実施
新しい才能を発掘し映画界を盛り上げるために映画ファンが直接関われる場として クラウドファンディングを立ち上げ、プロモーションを強化します。 クラウドファンディングで支援いただいたファンとは、完成披露上映会への招待や、 製作レポートの配信、キックオフパーティーへの招待など、クリエイターやキャストと 直接交流できる場を積極的に設け、作品のサポーターとして一緒に作品を盛り上げ ていきます。

▼春/撮影
▼夏/完成
▼秋以降/映画祭出品を目指す
▼冬以降/劇場公開

製作作品の決定について
製作が決定した作品の応募者へは、令和3年11月末頃に通知致します。
製作が決定した作品(企画、脚本)の映像化権は弊社に帰属します。
応募者に、賞金、賞品などは発生いたしませんので、予めご了承ください。
製作が決定した作品には、東映ビデオが製作費として1500万円を出資し、さらに東映ビデオプロデューサーが製作をバックアップ致します。
製作に際して、監督には監督料として50万円が、脚本家には脚本料として50万円が製作費より支払われます。(同一人物の場合は合計100万円)
但し、監督には、オーディションを兼ねたワークショップや劇場公開に向けた宣伝プロモーションに参加いただきます。
また、作品の二次利用にあたっては、(監督)追加報酬および(脚本)著作権使用料が支払われます。
※詳しくは公式サイト・応募フォーム内の「プロジェクト規約」をご参照ください。

その他
応募された企画書、脚本データは返却致しません。
審査過程に関する問い合わせには応じません。
応募者の個人情報は、作品の選考過程での事務局からの質問、受賞の連絡・発表、執筆の依頼の目的で利用し、選考委員・特別審査員以外の第三者に提供することは有りません。



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
アクセス数が多いページ
スマホ版サイト
締め切り月別検索
脚本術と創作の参考書
映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し


映画『怪物』 脚本:坂元裕二
オリジナルシナリオブック


ドラマ『それでも、生きてゆく』
脚本:坂元裕二 シナリオブック

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術


脚本を書くための101の習慣

対立・葛藤類語辞典 上巻
対立・葛藤類語辞典 上巻


ストーリーの解剖学


人気海外ドラマの法則21


鬼の筆/戦後最大の脚本家・
橋本忍の栄光と挫折
SNS(X / Bluesky)
サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣東映
 ┣TSUTAYA
 ┣JIMCA
 ┣TOKYO FM
 ┣劇団NLT
 ┣人間座
 ┗PAP企画
 ┣Hulu
 ┣AbemaTV
 ┣講談社
 ┣集英社
 ┣松山市
 ┣学研
 ┣AFJ
 ┣TapNovel
 ┣note
 ┣文芸社
サイト内検索