シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募情報をまとめた、シナリオライター・脚本家・作家・映画監督・漫画原作者などを目指す人向けのサイトです。
映画、TVドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、絵本、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイド。
X(旧Twitter)Blueskyでは、募集中のコンクールや審査結果、脚本術、作家の話題、ドラマ・映画関連情報、創作ネタなどを投稿しています。

月刊シナリオ 2019年 2月号 (1月4日発売)

月刊シナリオ 2019年 2月号

月刊シナリオ 2019年 2月号

掲載シナリオ
『鈴木家の嘘』
脚本・監督:野尻克己
〈2018年リクエスト・シナリオ〉
新藤兼人賞ほか受賞
出演:岸部一徳 原日出子 木竜麻生 加瀬亮 岸本加世子 大森南朋

《作品について》
長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアを交えてあたたかく描いたドラマ。鈴木家の長男・浩一が突然亡くなった。そのショックで記憶を失ってしまった母・悠子のため、父・幸男と長女・富美が嘘をつく。それはひきこもりだった浩一が部屋の扉を開き、家を離れ、世界に飛び出していったという、母の笑顔を守るためのやさしい嘘だった。監督、脚本は橋口亮輔、石井裕也、大森立嗣などの数多くの作品で助監督を務め、本作が劇場映画初監督作となる野尻克己。父・幸男役を岸部一徳、母・悠子役を原日出子、長男・浩一役を加瀬亮、長女・富美役を木竜麻生がそれぞれ演じるほか、岸本加世子や大森南朋らが脇を固める。2018年・第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品され、同部門の作品賞を受賞した。

▶創作ノート
野尻克己  「鈴木家の嘘」



『アウト&アウト』
脚本:ハセベバクシンオー、きうちかずひろ
〈2018年リクエスト・シナリオ〉
監督:きうちかずひろ
原作:木内一裕
出演:遠藤憲一 岩井拳士朗 白鳥玉季 小宮有紗 成瀬正孝 竹中直人 高畑淳子 要潤

《作品について》
「藁の盾」「ビー・バップ・ハイスクール」などで知られる木内一裕による小説を、遠藤憲一の主演で映画化。元ヤクザの探偵と、血のつながらない小学生の少女がコンビを組み、巻き込まれた事件に挑んでいくクライムエンタテインメント。「きうちかずひろ」名義で映画監督としての顔も持つ原作者の木内が自ら監督を務め、1999年の「共犯者」以来となる長編映画でのメガホンをとった。小学2年生の少女・栞と2人で探偵事務所を営んでいる元ヤクザの矢能のもとに、一本の依頼の電話が入る。矢能は指定された場所に向かうが、依頼人はすでに拳銃で撃たれて死体となっており、矢能が容疑者にされかねない状況が作り上げられていた。矢能はすぐさま対処しようとするが、事態は思いがけない方向へと進んでいく。

▶創作ノート
ハセベバクシンオー 「アウト&アウト」



『吹けば飛ぶよな男だが』
脚本:森崎東、山田洋次
(1968年 松竹作品)
監督:山田洋次
出演:なべおさみ 緑魔子 犬塚弘 芦屋小雁 佐藤蛾次郎 石橋エータロー 小沢昭一 有島一郎 ミヤコ蝶々

《作品について》
「惚れた強み」の森崎東と山田洋次がシナリオを共同執筆し、「喜劇 一発勝負」の山田洋次がメガホンをとった喜劇。撮影はコンビの高羽哲夫。

▶解説
渡辺善則 「吹けば飛ぶよな男だが」
〜おもしろうて やがてかなしき青春の映画なのでであります〜

連載
佐伯俊道 終生娯楽派の戯言
第72回 〜アメリカシナハン凸凹珍道中(上)〜

吉田伊知郎 シナリオ評
『歳末のシナリオ雑感』

シナリオセミナー シナリオ通信講座/誌上講座
竹内清人
「本直し」について

情報
シナリオボックス

《作家通信》
柴田一成
二宮健
広瀬奈々子

月刊シナリオ 2019年 2月号

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

月刊ドラマ 2019年 1月号 (12月18日発売)

月刊ドラマ 2019年 1月号

月刊ドラマ 2019年 1月号

発表
第30回フジテレビヤングシナリオ大賞
受賞作発表


1987年の創設以来、トップライターを輩出し続けている“新人脚本家の登龍門”『フジテレビヤングシナリオ大賞』。第30回を迎えた今回は、応募総数1463編の中から厳正な審査の結果、大賞1編、佳作3編が選出された。
今号では入選作4編の脚本を一挙掲載。そして今回の審査委員長を務めた荒井俊雄氏(プロデューサー)に、今回の選考についてのインタビューも掲載。
今後コンクールへの応募を目指す方はもちろん、新鋭作家をいち早くチェックしておきたいドラマファンの方にもお勧め。

掲載シナリオ
第30回フジテレビヤングシナリオ大賞
大賞受賞作
鈴木すみれ「ココア」

佳作受賞作
市川貴幸「まるでドーナツみたい」

佳作受賞作
沖原佳世「笑顔のカタチ」

佳作受賞作
高瀬秀芳「女優は毛穴まで嘘をつく」


インタビュー
旺季志ずか(作家・演出家・吉本坂46)
脚本家として数多くの作品を手掛ける一方、小説、講演活動、テレビ番組出演、そしてアイドルグループ「吉本坂46」のメンバーに抜擢と、様々な分野へ活動の幅を広げている旺季氏。バイタリティー溢れる活動の源泉に迫る。

徳尾浩司(「おっさんずラブ」脚本)
2018年4月期に放送された『おっさんずラブ』(テレ朝)は、その大胆な設定と内容で幅広い層から支持を集め、2018年を代表するドラマの一本となった。脚本を手掛けた徳尾氏に、企画立案の経緯から創作エピソード、大人気作品に成長したことへの感想などを伺う。

連載
◆北阪昌人の enjoy! radio drama(33)
ラジオドラマ脚本の第一人者としての日々の雑感など綴るパートと、ラジオドラマ脚本の誌上講座の2部構成で、ラジオドラマを創る楽しさを紹介していく。

◆寺田憲史『創作願い クリエイティブの鉱脈を探す旅』(25)
アニメシナリオを起点に様々なジャンルの作品を手掛けてきた寺田氏が、自身の経験などを基に、激動の現代を生き抜くヒントを伝授。今回は「“絵になる危うさ”」。

◆セリフとト書き(147)/小林克彰「ラジオドラマとト書きの悩み」
NHKでオーディオドラマ脚本を手掛ける氏が、ラジオドラマにおけるSE、ナレーション、セリフへの拘りを綴る。

◆放作協通信(75)
一般社団法人日本放送作家協会(放作協)の最新情報を伝える広報ページ。
今回は2018年11月10日に開催された『ラジオドラマ公募脚本の書き方講座』の内容をレポート。

シナリオ公募情報
(最終審査結果)
第44回城戸賞
第39回BKラジオドラマ脚本賞
第12回南のシナリオ大賞
函館港イルミナシオン映画祭 第22回シナリオ大賞

(募集要項)
MBSラジオドラマ脚本コンクール
創作ラジオドラマ大賞
ラジオ日本 杉崎智介脚本賞
フジテレビヤングシナリオ大賞

ライター掲示板
あべ美佳
池田奈津子
福田卓郎
福田裕子
三浦浩児
宮村優子
渡邉真子

トピックスコーナー
ドラマ甲子園受賞作放送
東京ドラマアウォード2018
芸術祭参加作品一覧
『市川森一の世界』刊行
訃報

▶PHOTOトピックス
『第43回創作テレビドラマ大賞』贈賞式

オーディオドラマコーナー

月刊ドラマ 2019年 1月号

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
アクセス数が多いページ
スマホ版サイト
締め切り月別検索
脚本術と創作の参考書
映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し


映画『怪物』 脚本:坂元裕二
オリジナルシナリオブック


ドラマ『それでも、生きてゆく』
脚本:坂元裕二 シナリオブック

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術


脚本を書くための101の習慣

対立・葛藤類語辞典 上巻
対立・葛藤類語辞典 上巻


ストーリーの解剖学


人気海外ドラマの法則21


鬼の筆/戦後最大の脚本家・
橋本忍の栄光と挫折
SNS(X / Bluesky)
サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣東映
 ┣TSUTAYA
 ┣JIMCA
 ┣TOKYO FM
 ┣劇団NLT
 ┣人間座
 ┗PAP企画
 ┣Hulu
 ┣AbemaTV
 ┣講談社
 ┣集英社
 ┣松山市
 ┣学研
 ┣AFJ
 ┣TapNovel
 ┣note
 ┣文芸社
サイト内検索