シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募情報をまとめた、シナリオライター・脚本家・作家・映画監督・漫画原作者などを目指す人向けのサイトです。
映画、TVドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、絵本、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイド。
X(旧Twitter)Blueskyでは、募集中のコンクールや審査結果、脚本術、作家の話題、ドラマ・映画関連情報、創作ネタなどを投稿しています。

月刊ドラマ 2023年 9月号 (8月18日発売)

月刊ドラマ 2023年 9月号

月刊ドラマ 2023年 9月号

テレビドラマ脚本
大森美香
『シッコウ!!~犬と私と執行官~』
第2話・第3話

TBS系 金曜ドラマ 金曜よる10時放送

「執行官」とは――各地方裁判所に所属する裁判所の職員であり、裁判で出された結論が実現されない場合に、それを強制的に執行する仕事。家の明け渡しや、貴金属などの動産の差し押さえ、子の引き渡しなど、その仕事は多岐にわたる。
とある事情から【執行官】の世界に飛び込んだ主人公・吉野ひかりが、【“犬担当”の執行補助者】としてさまざまな事件や人々に関わっていく中で、その人たちの人生の“リスタート”を目撃していくことに……。
執行官をテーマにした、ポップで痛快なお仕事コメディー。
大森氏の本作のついてのコメント「作者ノート」も掲載。

出演:伊藤沙莉 中島健人(Sexy Zone) 笠松将 ファーストサマーウイカ 六角精児 菅原大吉 駒井蓮 板谷由夏 モロ師岡 宮崎美子 渡辺いっけい 勝村政信 織田裕二

特別企画
脚本家の出発点
コンクール受賞作特集


本誌は1979年の創刊から、時代を反映する鏡・テレビドラマの根幹を担う“脚本”、そして脚本を創作する作家を追い続けているが、中でも80年代半ば以降創設された、テレビ局主催の脚本コンクールをきっかけに数多くの脚本家がデビューし、人気作家へと上り詰める姿を注目してきた。
現在第一線で活躍中の脚本家の原点、コンクール受賞作を本誌で初掲載、再掲載する特別企画の第9弾。
浅野氏、黒岩氏の作品についてのコメントも掲載。

《掲載シナリオ》

浅野妙子
『無言電話』

第7回フジテレビヤングシナリオ大賞 佳作受賞

黒岩 勉
『パーフェクトゲーム』

第20回フジテレビヤングシナリオ大賞 佳作受賞
(2008年9月号掲載)

インタビュー
脚本家育成の新たな試み
TBS NEXT WRITERS CHALLENGE 2023 担当者に聞く


TBSでは、過去に『新鋭シナリオ賞』→『新鋭シナリオ大賞』、『連ドラ・シナリオ大賞』と、脚本家育成の取り組みの一環として、脚本公募を開催していたが、昨今のストーリーコンテンツの隆盛、その中で脚本家が果たす役割がますます大きくなっていることを受け、6年ぶりに脚本公募を再開。名称を『TBS NEXT WRITERS CHALLENGE』と改め、9月の一ヶ月間、応募を受け付ける。
今回はTBSグループのプロジェクトとして、「ライターズ・ルーム」の実施、受賞者と契約を交わし、脚本開発支援金を支給するなど、デビューに向け様々な支援を行うという。
担当のプロデューサー3氏に、今回の公募の狙いや、応募者への期待など、お話を伺う。

韓 哲(TBSテレビ ドラマ制作部)
荒井順子(TBSスパークル)
松本友香(TBSテレビ ドラマ制作部)

連載
◆山本むつみ『焼け石に水の泡』(12)
脚本家4氏による月替わりエッセイ。今号は、テレビドラマ『連続テレビ小説 ゲゲゲの女房』『大河ドラマ 八重の桜』などの脚本を手がける山本むつみ氏。今回は、『「ドラマと音楽の素敵な関係。劇伴のチカラは凄いです」の件』。

◆こうたきてつや(日大名誉教授)/平成ドラマ史への覚書〈一九八五〜二〇一五年〉(53)
「平成」の時代にどんな作家が、どんなドラマを描いてきたのか? 平成ドラマの軌跡を辿る。今回は「クドカン・コメディと相棒シリーズの多様性《二〇一〇~〇四年》」。

◆脚本を残し放送文化を伝えていこう!(16)
「日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム」(略称「脚本アーカイブズ」)の取り組みを毎号紹介していく連載。
今回は、7月28日から8月20日にかけて開催のイベント「BLセレクション・ローカルドラマ紀行2」とコラボしたミニ脚本展「地方が舞台のドラマ脚本」展示脚本を紹介。

脚本公募情報
(中間審査結果)
第35回 フジテレビヤングシナリオ大賞 二次・三次審査通過作品発表
第48回 創作テレビドラマ大賞 一次・二次選考通過作品発表

(募集要項)
日テレ シナリオライターコンテスト
TBS NEXT WRITERS CHALLENGE

ライター掲示板
青塚美穂
ニシオカ・ト・ニール
兵藤るり
丸山智

オーディオドラマコーナー

月刊ドラマ 2023年 9月号

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

月刊シナリオ 2023年 9月号 (8月3日発売)

月刊シナリオ 2023年 9月号

月刊シナリオ 2023年 9月号

掲載シナリオ
『春に散る』
脚本:瀬々敬久 星航
監督:瀬々敬久
原作:沢木耕太郎
出演:佐藤浩市 残尚玄 奥野瑛太 坂井真紀 小澤征悦

《作品について》
不公平な判定で負けたことをきっかけに渡米し40年ぶりに帰国した元ボクサーの広岡仁一と、同じく不公平な判定負けで心が折れていたボクサーの黒木翔吾。飲み屋で出会って路上で拳を交わしあい、仁一に人生初のダウンを奪われた翔吾は、彼にボクシングを教えてほしいと懇願する。最初は断る仁一だったが、かつてのボクシング仲間である次郎と佐瀬に背中を押されて引き受けることに。仁一は自信満々な翔吾に激しいトレーニングを課し、ボクシングを一から叩き込んでいく。やがて世界チャンピオン・中西との世界戦が決まるが……。

▶脚本・監督ノート
瀬々敬久 今しかない

▶Point of view
木崎加奈子 耐えられるかどうかではなく耐える必要があるのかを問いたい



『カタオモイ』
脚本:宍戸英紀
監督:いまおかしんじ
出演:丸純子 細田善彦 川瀬陽太 平井亜門 中村守里 東雲あずさ 松本拓海 佐藤宏 フミカ 片岡鶴太郎

《作品について》
43歳の杉下可南子は、結婚して20年以上になる夫の浮気を知って家を飛び出し、東京下町の大衆食堂で働きはじめる。ある日彼女は、路上で酔い潰れていた若い男・謙一を介抱する。謙一は同棲していた恋人に捨てられ、傷心のあまり酒と睡眠薬を一気に飲んだという。泥酔している謙一を部屋まで運ぶ可南子だったが、謙一は彼女を恋人と間違えたのか突然抱き寄せてキスをする。それをきっかけに謙一に恋をした可南子は、偶然手に入れた合鍵を使って彼の部屋に忍び込むようになり……。

▶脚本ノート
宍戸英紀 いまおかしんじ監督との仕事

▶Point of view
真辺克彦 “仮題の『妻をやめたらシたいこと。』の方がしっくりくる”



『飼育』
脚本:田村孟
監督:大島渚
原作:大江健三郎
脚本協力:松本俊夫 石堂淑朗 東松照明
出演:三國連太郎 沢村貞子 中村雅子 大島瑛子 浜村純 相川史朗 山茶花究 岸輝子 三原葉子 牧江重行 京須雅臣 加藤嘉 石堂淑朗 八住寿男 島田屯 鈴木晴夫 今橋恒 小山明子 戸浦六宏 ヒュー・ハード

▶脚本ノート
田村孟 罪なき人々の罪

▶Point of view
小嶋健作 「戦後」というレッテルの下の終わらい戦争

座談会
海の向うのストライキは他人事?
〜全米脚本家組合のストと配信作品の今後と生成AI〜


《参加者》
真辺克彦
加藤結子
木崎加奈子
佐野宜志

連載
■安倍照雄の脚本あくび指南(19)

■秋山竜平
脚本家リレー日記 オワコンだからしゃあない(22)

■戸田学
〜それをいっちゃあ、おしまいよ 戸田学の映画雑録〜(45)

■伴一彦
この世は舞台(33)

コンクール
第33回新人シナリオコンクール 大伴昌司賞 募集要項

月刊シナリオ 2023年 9月号

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
アクセス数が多いページ
スマホ版サイト
締め切り月別検索
脚本術と創作の参考書
映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し


映画『怪物』 脚本:坂元裕二
オリジナルシナリオブック


ドラマ『それでも、生きてゆく』
脚本:坂元裕二 シナリオブック

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術


脚本を書くための101の習慣

対立・葛藤類語辞典 上巻
対立・葛藤類語辞典 上巻


ストーリーの解剖学


人気海外ドラマの法則21


鬼の筆/戦後最大の脚本家・
橋本忍の栄光と挫折
SNS(X / Bluesky)
サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣東映
 ┣TSUTAYA
 ┣JIMCA
 ┣TOKYO FM
 ┣劇団NLT
 ┣人間座
 ┗PAP企画
 ┣Hulu
 ┣AbemaTV
 ┣講談社
 ┣集英社
 ┣松山市
 ┣学研
 ┣AFJ
 ┣TapNovel
 ┣note
 ┣文芸社
サイト内検索