シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募情報をまとめた、シナリオライター・脚本家・作家・映画監督・漫画原作者などを目指す人向けのサイトです。
映画、TVドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、絵本、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイド。
X(旧Twitter)Blueskyでは、募集中のコンクールや審査結果、脚本術、作家の話題、ドラマ・映画関連情報、創作ネタなどを投稿しています。

ていね山映画祭 原案コンペティション

ていね山映画祭 原案コンペティション
ていね山映画祭 原案コンペティション
締切:2024年5月27日(月) 23:59まで [Web応募可]
札幌市手稲区では2023年、手稲区出身のミュージシャン/タレント田村次郎氏の【原案】を元に短編映画『7月の約束』を制作し、11月に行われた「ていね山映画祭」で上映しました。
2024年は、皆様から【原案】を広く募集し、グランプリ作品を短編映画化し上映します。

表彰及び副賞
グランプリ(1名) 商品券3万円相当及び作品の映画化
特別賞(3名) 商品券1万円相当
ていぬ賞(10名程度) ていぬグッズ

応募資格
国籍、住所、年齢、経験、資格を問わず、どなたでもご応募できます。
ただし、18歳未満の方が応募する場合には、保護者の同意を必要とします。

募集テーマ
テーマは自由です。
30分程度の短編映画の原案となる、グリーンシーズンの手稲区や手稲山を舞台とする物語をお寄せください。

応募内容
  1. グリーンシーズンの手稲区や手稲山を舞台とする、30分程度の短編映画の原案を応募してください。
  2. 作品のジャンル、実話・フィクション、発表済み・未発表を問いません。
  3. 脚本(台本)での応募は可能ですが、その形式である必要はありません。また、自作した漫画、小説などの形式での応募も可能です。
  4. 添付資料として、第三者の権利を侵害せず、主催者が使用できる文章、図画、写真、音源、映像などを提出可能です。また、添付資料としてアップロードできるファイル形式は、テキスト(txt)、word(doc、docx)、pdf、jpg、png、mp4、wmv、mov、mp3、wavです。(最大サイズ8メガまで)

作品規定
  1. 舞台のほとんどが手稲区内であること
  2. 手稲区または手稲山が象徴的に登場し、手稲区のイメージアップにつながること
  3. 現実的に主催者や審査員が映画化可能と判断する題材であること

応募方法
公式サイトの募集要項にある「応募フォーム」よりご応募ください。

※添付資料のアップロードができない場合は郵送でお送りください。ただし、添付資料の返却は致しませんので、必要に応じてコピーしてお送りください。

《郵送先》
〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10
手稲区役所市民部地域振興課
「ていね山映画祭 原案コンペティション」係

応募期間
2024年2月9日(金)~2024年5月27日(月)

スケジュール
応募締切:2024年5月27日(月曜日)23:59まで
審査:2024年6月上旬予定
結果発表:2024年6月中旬予定
映画制作:2024年6月下旬〜9月下旬予定
映画上映(ていね山映画祭):2024年10月下旬予定
ただし、映画制作・映画上映については、札幌市令和6年度予算の確定をもって実施を決定します。

応募規定
  1. 応募作品は、応募者本人が執筆し、著作権を持っているものに限ります。著作権や肖像権など第三者の権利を侵害する作品は応募不可とします。
  2. 過去に他のコンテスト等で入賞した作品及び他のコンテスト等に応募している最中の作品は、それらの類似作品を含めて応募不可とします。
  3. 特定の思想及び宗教又は政治的信条を支持又は宣伝しようとするものと認められる作品は応募不可とします。
  4. 応募作品が公序良俗に反すると認められる場合は、応募自体を無効とします。
  5. 主催者は、受賞作品が応募規定に抵触すると判断したとき、受賞者に受賞の取消及び副賞等の返還要求を行うことがあります。
  6. 主催者が、応募作品を第三者に営利目的で利用させることはありません。ただし、応募者に事前に目的等を説明の上、ご了承を得られた場合のみ、第三者に応募作品を提供することがあります。
  7. 応募作品について、ロケ場所や権利関係などについて応募者に問い合わせをすることがあります。

受賞作品の使用
  1. グランプリ作品を映画化するにあたり、内容の改変や加筆を行う場合があります。
  2. 主催者が行う広報活動、関連企画、報道、広告等に受賞作品を用いる場合があります。
  3. 札幌市の関連施設等で開催する展示会や上映会、区のホームページ等のインターネット上で、受賞作品を公開する場合があります。
  4. 主催者が受賞作品を使用するにあたって、受賞者の氏名(またはペンネーム)、居住市区町村名、作品タイトル、内容、受賞者のコメントを表示する場合があります(その他の情報を同意なく表示することはありません)。

審査員
映画制作者、有識者、手稲区ほか

主催
札幌市手稲区役所 市民部地域振興課



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第20回 北のシナリオ大賞

北のシナリオ大賞/日本脚本家連盟 北海道支部
第20回 北のシナリオ大賞
募集期間:2024年5月1日~5月31日 23:59まで [メール応募可]
※郵送の場合は消印有効。
入賞賞金
大賞(1編):賞状及び副賞10万円
※北海道内の放送局で制作・放送予定。

ジャンル
ラジオドラマ

応募資格
不問

原稿枚数
35枚以上45枚以内(400字詰め原稿用紙)

応募作品内容/応募規定
  • 北海道をモチーフ・舞台にしたオリジナルのラジオドラマ。
  • 北海道だからこそのドラマ。
  • 400字詰め原稿用紙で35枚以上45枚以内。
  • 一人何編でも応募できます。
  • オリジナルの未発表の作品に限る。
  • 応募時点で他のコンクールとの重複応募は出来ません。

原稿のとじ方
【1枚目】 タイトルのみ
【2枚目】 タイトルと応募者情報
作者名(ペンネーム可。発表はペンネームがある場合はペンネーム。ない場合は本名)・年齢・住所・電話番号・メールアドレス・受賞歴
【3枚目】 人物表
【4枚目】 400字以内のあらすじ
【5枚目以降】 本文

送付方法
《メール送付の場合》
ファイルをメールに添付してください。
Word形式、拡張子は、docまたはdocxのみ受け付けます。
本文にはページを打ってください。
送付先メールアドレスは公式サイトの募集要項をご確認ください。



《郵送の場合》
用紙はA4、本文にはページを打ち、右側を紐閉じでお願いします。

【宛先】
〒060-8799 札幌中央郵便局 留
日本脚本家連盟北海道支部事務局係


募集期間
2024年5月1日~5月31日 23:59まで。
郵送の場合は消印有効。

審査料
なし

審査発表
2024年7月1日(予定)

授賞式
2024年10月~11月、授賞式・記念講演・懇親会(予定)

著作権
ラジオドラマとして制作された作品の脚本は放送局に帰属。
やむを得ず放送に至らなかった場合の受賞作品の著作権は2年間日本脚本家連盟北海道支部に帰属。

主催
日本脚本家連盟北海道支部

後援
日本脚本家連盟・寺島アキ子記念委員会

協力
日本放送作家協会北海道支部



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第3回 3分漫才脚本大賞

第3回 3分漫才脚本大賞
第3回 3分漫才脚本大賞
締切:2023年5月31日(水) 23時59分まで [メール応募]
3分尺の漫才脚本をプロ・アマを問わず募集し、選考委員会にて大賞・審査員特別賞・佳作(入選)を決定いたします。

入賞(一般の部)
大賞(1作品) 賞金3万円
審査員特別賞(1作品) 賞金1万円
佳作(数作品) QUOカード5千円分

応募資格
プロ、アマチュア問わず。

審査基準
とにかく読んだだけで面白い漫才形式(しゃべくり・漫才コント不問)の脚本

提出様式/応募規定
  • wordまたはPDFデータにてメールで提出すること。
    書式はA4用紙、40字×40行、2枚以内厳守。(タイトル、ト書き、セリフすべてを含む)
  • 作品は応募者1名につき1作に限る。 後日の原稿差し替え・修正等は不可。
  • あらすじは不要。 役名はA、Bで統一すること。
  • ペンネームは使用可。 ただし、応募フォーム(メール)では本名を明記すること。
  • テーマは自由。 ただし、特定の個人や団体を誹謗中傷するような内容および公序良俗に反する内容のもの、他者の盗作剽窃は認めない。(オリジナルの作品に限る)
  • 盗作・剽窃であることが発覚した場合、受賞後であっても取り消すものとする。

応募方法/応募メールアドレス
①件名を「3分漫才脚本大賞 エントリー希望」とし
②漫才のデータ(wordまたはPDFデータ)を添付して
③メール本文にペンネーム・本名・電話番号を明記の上、期限内にお送りください。

《応募メールアドレス》
manzai3minutes@gmail.com

作品応募期間
2023年3月17日(金)~5月31日(水) 23時59分まで

選考スケジュール
▼一次選考(選考委員会により5~8作程度選出)
2023年6月末ごろ

▼最終選考(選考委員会+特別審査員により各賞を決定)
2023年7月末ごろ

▼プロの芸人による実演ライブ(配信あり)
2023年8月~9月ごろ開催

審査に関する人選およびプロフィール
《選考委員会》
一般社団法人 日本即興コメディ協会が入選する構成作家数名。

《審査委員長》
矢島ノブ雄(一般社団法人 日本即興コメディ協会 代表理事)
お笑いコンビ「オシエルズ」メンバー。「第11回若者力大賞」 ユースリーダー賞。漫才構文プロデューサー。新聞・雑誌などで複数の紙上漫才を連載。多数の企業で漫才形式の台本を担当。

《特別審査員》
一次選考後に決定します。

主催
一般社団法人 日本即興コメディ協会 3分漫才脚本大賞 事務局




※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る(主催者Twitter)

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

TSUTAYA CREATORS' PROGRAM 2022 (TCP2022)

ツタヤクリエイターズプログラム/TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM
TSUTAYA CREATORS' PROGRAM 2022

締切:2022年5月31日(火) 23時59分まで [Web応募]
※エントリー料をコンビニ決済する場合は5月15日(日)まで。
「本当に観たい映画企画」を募集から映画化までバックアップを行う「コンペティション」を中心に、映像クリエイターの「発掘と育成」を目的とするTSUTAYA発のプログラム。
2015年から始まったTCPコンペティションから、過去受賞作9作品が劇場公開されました。これまでに『嘘を愛する女』『哀愁しんでれら』『マイ・ダディ』等話題作を輩出。さらに2022年には、『この子は邪悪』(南沙良主演)の公開も決定しており、これまでに選ばれた受賞作品も映画化にむけて鋭意制作中です。



グランプリ受賞特典
  • 5000万円超の総製作費をバックアップ
  • Tポイント50万ポイント
  • TSUTAYAプレミアム1年間使用権
  • 全国のTSUTAYA店舗でプロモーション実施

募集部門
  1. 企画部門(企画書のみで応募)
  2. 監督部門(企画書+映像作品で応募)
  3. 脚本部門(企画書+脚本で応募)

TCPでは3つの部門で映画企画を募集します。
それぞれの部門で応募書類が異なりますのでご注意ください。
また、本年度より募集期間・エントリー料のお支払い方法などがこれまでと異なりますので、ご応募の際は公式サイトの応募要項をよくご確認ください。



応募資格
プロ・アマ、年齢、性別、国籍など一切の制限なし。

応募方法
応募期間中に公式サイトのWEBエントリーフォームからエントリー後、応募部門で指定された提出物をアップロードしてください。
※各部門に2企画まで応募可能。別部門へ同一企画での重複応募はできません。
※複数応募される場合はそれぞれでエントリーをしてください。

《応募の流れ》
▼STEP1
公式サイトの応募要項にある所定のWEBエントリー(3部門共通)フォームからエントリーいただきます。
その際、1応募につきエントリー料3,300円(消費税等込)のお支払いをお願いします。
エントリーには、応募約款への同意が必要となります。公式サイトにある応募約款の内容をよくお読みください。

▼STEP2
WEBエントリーフォームへの入力と同時に提出物をまとめたZIPファイルをアップロードしてご応募ください。
入力&アップロードが完了すると、決済画面に進みますので、決済方法をクレジットカード決済、ウォレット決済(PayPay)およびコンビニ店頭(現金支払い)よりご選択いただき決済にお進みください。「WEBエントリー受付完了メール」が自動配信されます。

《応募期間》
クレジットカード・PayPay決済の場合:
2022年4月1日(金)~5月31日(火) ※23時59分まで

コンビニ決済の場合:
2022年4月1日(金)~5月15日(日) ※23時59分まで


※コンビニ決済の際は、申し込み期間が異なりますのでご注意ください。
※コンビニ決済の支払期限は、エントリー日より7日以内となります。支払期限が過ぎてご入金の確認が取れない場合は、自動的にキャンセルとなりますのでご注意ください。
例)エントリー日:5月1日 支払期限:5月7日 23時59分
※提出物は必ず1つのZIPファイルにまとめてアップロードしてください(ファイルの容量は最大1GBまで)
※ご応募いただいた企画書、その他提出物については返却いたしませんので、ご了承ください。

決済の完了をもって、応募の完了となります。
事務局から決済完了メールはお送りいたしませんのでご留意ください。

各部門の応募要項と提出物
応募する部門によって応募要項と提出物が異なりますのでご注意ください。

▼企画部門
▼監督部門
▼脚本部門



▼企画部門の応募要項
企画部門では、企画書のみでご応募いただけます。
受賞した企画は、TSUTAYAが責任を持って映像化いたします。

《企画部門の募集内容》
映像化可能な作品の企画書を募集いたします。
実写の長編作品企画(60分以上)であれば、プロアマ、応募者の年齢、性別、国籍、学歴の一切の制限はございません(但し、企画書は日本語のもの)。個人に限らず、チーム、プロジェクト、団体、法人でのご応募も可能です。すでに公開や商用利用された、または今後公開や商用使用が決まっている企画、もしくは第三者(法人含む)が権利を有する企画、特定の宗教や思想を勧奨あるいは誹謗中傷する企画、公序良俗に反する企画等はご応募いただけません(詳細は応募約款をご確認の上、ご応募ください)。

《応募期間》
クレジットカード・PayPay決済の場合:
2022年4月1日(金)~5月31日(火) ※23時59分まで

コンビニ決済の場合:
2022年4月1日(金)~5月15日(日) ※23時59分まで

※応募期間中にWEBエントリーを完了してください。
※各部門に2企画まで応募可能。別部門へ同一企画での重複応募はできません。
※複数応募される場合は、それぞれでエントリーをしてください。

《企画部門の提出物》
■企画書PDFデータ

公式サイトの応募要項から所定の応募用企画書フォーマットをダウンロードし、アップロードしてください。
※応募用企画書フォーマット以外での応募は無効となります。



▼監督部門の応募要項
監督部門では、企画書と過去映像作品、もしくは当該企画のパイロット映像でご応募いただけます。
受賞すると、当該企画の映像化において監督を担当いただきます。

《監督部門の募集内容》
映像化可能な作品の企画書を募集いたします。
実写の長編作品企画(60分以上)であれば、プロアマ、応募者の年齢、性別、国籍、学歴の一切の制限はございません(但し、企画書は日本語のもの)。個人に限らず、チーム、プロジェクト、団体、法人でのご応募も可能です。すでに公開や商用利用された、または今後公開や商用使用が決まっている企画、もしくは第三者(法人含む)が権利を有する企画、特定の宗教や思想を勧奨あるいは誹謗中傷する企画、公序良俗に反する企画等はご応募いただけません(詳細は応募約款をご確認の上、ご応募ください)。

《応募期間》
クレジットカード・PayPay決済の場合:
2022年4月1日(金)~5月31日(火) ※23時59分まで

コンビニ決済の場合:
2022年4月1日(金)~5月15日(日) ※23時59分まで

※応募期間中にWEBエントリーを完了してください。
※提出物の過去映像作品・パイロット映像をDVDで送付いただく際の受付は2022年6月3日(金)消印まで有効
※各部門に2企画まで応募可能。別部門へ同一企画での重複応募はできません。
※複数応募される場合は、それぞれでエントリーをしてください。

《監督部門の提出物》
■企画書PDFデータ+映像作品※1(+脚本_任意)※2

公式サイトの募集要項から所定の応募用企画書フォーマットをダウンロードし、アップロードしてください。
※応募用企画書フォーマット以外での応募は無効となります。
※1 映像作品とは演出がわかる15分以上の劇映画、もしくは当該企画に基づく15分以上のパイロット映像。監督ご自身か共同企画者が担当した作品以外は不可です。
※2 受賞後の脚本も希望される方は、企画に基づいた脚本をご提出ください。その場合、脚本部門と同じ要項・形式(PDFデータ提出)でご提出ください。

①提出したい過去作品が、営利目的の映画・映像(劇場用映画、テレビドラマ、Vシネマ等。以下「商業映画」といいます)の方
・該当する作品をTSUTAYA DISCASで検索して、そのURLをエントリーフォーム所定欄にてお知らせください。(1作品のみ)
・ご自身の作品を使用可能なサーバー、動画配信サービス、共有サイト、ご自身のウェブサイト等にデータをアップロードし、リンク先URLをエントリーフォーム所定欄にてお知らせください。(1作品のみ)

公開先の例 : Vimeo / YouTube 等もしくはご自身のWEBサイト等、任意のサーバ上にアップロードし、URLを登録する

審査期間中、応募約款に反する理由(第三者の著作権、プライバシー等を侵害している企画等)、リンク先の削除、サーバー制限等で事務局が閲覧不要となった場合、いかなる事情でも落選いたしますのでご注意ください。

② ①以外の方、もしくはTSUTAYA DISCASで作品の取り扱いがない方
演出がわかる15分以上の劇映画、もしくは当該企画に基づく15分以上のパイロット映像を収録したDVDを3枚に複製してお送りください。(1作品のみ、DVDに限る)

※送付いただく映像作品は、権利処理(DVDに収録する許諾、3枚複製する許諾、収録されている音楽著作物・音源の録音使用許諾、複製許諾を含みます)を全て終えたものに限ります。
万一、権利処理に疑義があることが判明したり、権利処理に異議がある旨の指摘等があった場合は、審査対象から外れる場合がございます。

■DVD送付先
〒141-0021
東京都品川区上大崎3-1-1 目黒セントラルスクエア6階
カルチュア・エンタテインメント株式会社
TCP2022運営事務局宛

■DVD送付方法
・郵送に限ります。事務局への直接持ち込みは受付できません。
・審査の都合上、過去映像作品・パイロット映像1点につき3枚のDVDをご提出ください。
・再生不良を防ぐため、ディスクにラベル等は貼り付けず、応募ID・タイトル・収録分数を各DVDディスクの表面に記入し、1枚ずつプラスチックケースに封入してください。
・パソコンだけでなく、市販のDVDプレイヤーで再生できるものをお送りください。



▼脚本部門の応募要項
脚本部門では、企画書とその脚本でご応募いただけます。
受賞すると、当該企画の映像化において脚本を担当いただきます。

《脚本部門の募集内容》
映像化可能な作品の企画書を募集いたします。
実写の長編作品企画(60分以上)であれば、プロアマ、応募者の年齢、性別、国籍、学歴の一切の制限はございません(但し、企画書は日本語のもの)。個人に限らず、チーム、プロジェクト、団体、法人でのご応募も可能です。すでに公開や商用利用された、または今後公開や商用使用が決まっている企画、もしくは第三者(法人含む)が権利を有する企画、特定の宗教や思想を勧奨あるいは誹謗中傷する企画、公序良俗に反する企画等はご応募いただけません(詳細は応募約款をご確認の上、ご応募ください)。

《応募期間》
クレジットカード・PayPay決済の場合:
2022年4月1日(金)~5月31日(火) ※23時59分まで

コンビニ決済の場合:
2022年4月1日(金)~5月15日(日) ※23時59分まで

※応募期間中にWEBエントリーを完了してください。
※各部門に2企画まで応募可能。別部門へ同一企画での重複応募はできません。
※複数応募される場合は、それぞれでエントリーをしてください。

《脚本部門の提出物》
■企画書PDFデータ+脚本PDFデータ(その企画に基づく脚本)

公式サイトの募集要項から所定の応募用企画書フォーマットをダウンロードし、アップロードしてください。
※応募用企画書フォーマット以外での応募は無効となります。
※パワーポイントを使用される場合、PDFに変換してアップロードしてください。
※PDF版を使用される場合、必ずアウトライン化したPDFデータでアップロードしてください。
※PDF版はブラウザで開くと、一部ファイルが崩れることがあります。入力の際は必ずAdobe製のPDFファイルビューワーで入力してください。
※共同執筆でもご応募可能です。
※既に公開や商用使用された、または今後公開や商用使用が決まっている脚本は、選考外となります。

    ▼脚本フォーマット
  • 最初の1ページ目はタイトルのみを記載し、本文は2ページ目から記載してください。
  • フォント:機種の標準フォント
  • 用紙設定:横、縦書き、20字×20行で1枚
  • 枚数:60~120枚
  • 日本語で書かれたもの
  • 脚本には、氏名等の個人情報は記載しないでください。

審査の流れ
▼1次審査
企画部門:6月~8月
監督・脚本部門:6月~9月

▼2次審査
企画部門:9月
監督・脚本部門:10月

▼最終審査
全部門:2023年1月

▼TCP2022グランプリ授賞式
全部門:2023年2月

TCP2022審査員
「1次審査」では、映像に精通したTSUTAYAスタッフとTCP事務局が応募提出物を拝見し審査します。
「2次審査」「最終審査」では第一線で活躍中のプロデューサーなど、著名なクリエイターが審査します。

企画作りのヒント
応募用企画書フォーマットの項目を解説
TCP2020脚本部門グランプリ受賞者×審査員インタビュー
TCP式映画企画の作り方
TCP式 “光る”企画書の作り方
TCP2019企画書フォーマットと映画プロデューサーインタビュー
受賞までの道のり TCP2019 受賞者体験談

FAQ
「TCP2022」よくある質問と回答



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
アクセス数が多いページ
スマホ版サイト
締め切り月別検索
脚本術と創作の参考書
映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し


映画『怪物』 脚本:坂元裕二
オリジナルシナリオブック

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術


脚本を書くための101の習慣

対立・葛藤類語辞典 上巻
対立・葛藤類語辞典 上巻


ストーリーの解剖学


人気海外ドラマの法則21


鬼の筆/戦後最大の脚本家・
橋本忍の栄光と挫折
SNS(X / Bluesky)
サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣東映
 ┣TSUTAYA
 ┣JIMCA
 ┣TOKYO FM
 ┣劇団NLT
 ┣人間座
 ┗PAP企画
 ┣Hulu
 ┣AbemaTV
 ┣講談社
 ┣集英社
 ┣松山市
 ┣学研
 ┣AFJ
 ┣TapNovel
 ┣note
 ┣文芸社
サイト内検索