シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募情報をまとめた、シナリオライター・脚本家・作家・映画監督・漫画原作者などを目指す人向けのサイトです。
映画、TVドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、絵本、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイド。
X(旧Twitter)Blueskyでは、募集中のコンクールや審査結果、脚本術、作家の話題、ドラマ・映画関連情報、創作ネタなどを投稿しています。

第9回 新人シナリオ発掘プロジェクト

第9回 新人シナリオ発掘プロジェクト
第9回 新人シナリオ発掘プロジェクト
締切:2023年6月30日(金) [メール応募]
「シナリオを学ぶ多くの人に自分の作品が形になる場を作ろう!」
そんな思いで立ち上げた新人発掘プロジェクトも第9弾を迎えました。

今までに30人以上の新人脚本家を採用し舞台脚本家が誕生しています。
オリジナル作品は元より直木賞作家・石田衣良さん原作の脚色作品や倉田真由美先生のマンガ原作の脚色作品を舞台化、毎回コンクール形式で作品を募集、1作品に最大130本の応募数を超えています。
また「役者を目指す若者たち」を多く起用し、プロの演出家、役者たちと同じ舞台を作ることを経験させています。

今回はワンシチュエーションにこだわったスリリングな会話劇を公募。
「楽屋」をテーマにオムニバス作品として上演致します​。

入賞​賞金
最優秀賞 10万円
佳作(3作) 3万円

応募内容/応募規定
  • 「楽屋」を舞台にしたワンシチュエーションのショートストーリーを募集します。
  • コメディ、シリアス、ハートウォーミング、サスペンス等、ジャンルは問いません。
    シチュエーションの妙と、会話と展開の面白さに重点を置いた作品を求めます。
  • どんな「楽屋」の設定でも可。ただし時代背景は現代に限定します。
    暗転をあまり挟まないワンシチュエーションのソリッドな会話劇を求めます。
    (例)小劇場の楽屋、AV女優の楽屋、ヒーローショーの楽屋、地方の演歌歌手の楽屋…etc
  • 時代設定:現代
    出演者:4人~6人程度
    想定尺:20~25分
  • シナリオの書式は問いません。
  • ひとり2作品まで。
  • エントリー料として1作品1,000円の参加費が必要となります。
    ※振込先は公式サイトの募集要項をご確認ください。

応募方法
応募はメールでの応募となりますので、下記メールアドレスまでファイルを添付してお送りください。

《応募先メールアドレス》
info@bungei.org

審査員
柏田道夫
松本京
田中大祐

結果発表/公演までのスケジュール
▼シナリオ募集開始
2023年5月15日

▼募集締め切り
2023年6月末日

▼選考受賞作決定
2023年7月1日~30日

▼舞台情報解禁(チラシ公開)/チケット発売開始
11月中旬

▼顔合わせ
12月上旬

▼公演日程
2024年1月16日~21日​ [会場:中目黒トライ]
■プロデューサー:松本京
■演出:田中大祐

問い合わせ先
info@bungei.org  松本まで



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

「日本の劇」戯曲賞 2023

「日本の劇」戯曲賞/日本劇団協議会
「日本の劇」戯曲賞 2023
締切:2023年6月30日(金) 必着
入賞賞金
正賞:最優秀賞に選ばれた作品を上演し、その上演料を支払い。
副賞:賞金10万円

※最優秀賞に選ばれた作品は必ず上演される戯曲賞です。

応募資格
応募者の資格は問わない。

原稿枚数
150枚程度(400字詰め原稿用紙)

応募条件
  1. 日本語で書かれた戯曲で、未発表・未上演のものに限る。
    脚色は不可。
    ※有料・無料を問わず作品内容が開示されている場合や、同時期に他の賞に応募している場合は応募出来ません。
  2. 400字詰め原稿用紙に換算して150枚程度。書式は縦書きとし、400字詰め原稿用紙、またはA4用紙とする。A4用紙の場合には1枚に800~1600字とし片面印刷とする。
  3. 最優秀賞の著作権は作家本人に帰属しますが、初演の上演権は日本劇団協議会にあることを了承すること。

応募方法
  1. 表紙には題名のみ記入し、作品内に作者名は一切記入しないこと。
  2. 他の戯曲や小説等から引用した場合は、引用部分に印をつけたうえで、作品の最後に引用作品名および作者名を明記すること。
  3. 戯曲4部と、下記の必要事項を明記した別紙(1枚)を、当協議会事務局まで郵送(書留)または宅配便にて期間内必着で送付すること。

    《必要事項》
    ①題名
    ②氏名(フリガナ)
    (③ペンネーム(フリガナ))
    ④生年月日
    ⑤住所
    ⑥電話番号
    ⑦メールアドレス
    ⑧略歴(200字程度)
    ⑨本戯曲賞を知ったきっかけ(チラシ、ホームページ、SNS、知人から等)

応募先
〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-12-30 芸能花伝舎3F
公益社団法人 日本劇団協議会


募集締切
2023年6月30日(金)必着

選考過程
▼第一次選考
2023年8月 日本劇団協議会WEBにて発表

▼最終選考結果
2023年10月 日本劇団協議会WEBにて発表

最終選考委員
板垣恭一
小林七緒
内藤裕敬
眞鍋卓嗣
宮田慶子

その他
  1. 上演の際の演出家は受賞者と協議のうえ決定いたします。
  2. 受理した原稿は、選考終了後も返却いたしません。

▼ 過去の上演作品(クリックで開く)

主催
日本芸術文化振興会
公益社団法人日本劇団協議会



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第20回 2023年度 新作落語台本・脚本募集

新作落語台本・脚本募集/落語協会
第20回 2023年度 新作落語台本・脚本募集
募集期間:2023年5月1日(月)~6月30日(金) 必着
趣旨
一般社団法人落語協会では寄席芸能の振興と発展のために、落語協会所属の落語家が選ぶ具体的・実践的で、お客様に喜んで頂ける様な新しい落語台本・脚本「現代物・時代物(髷物)」を公募します。
笑いを中心とした寄席で演じられるような優秀な作品を取り上げ、寄席で上演することにより、寄席演芸の活性化及び作家の発掘育成を目的とします。

入賞賞金
最優秀賞(1作品)30万円
優秀賞(1作品)20万円
佳作(3作品)5万円
※入賞者なしの場合もあります。

応募資格
資格は問いません。

応募規定/応募上の注意
第20回 2023年度 新作落語台本・脚本募集要項(PDF)
第20回 2023年度 新作落語台本・脚本応募用紙(PDF)

  • 題材は自由ですが、未発表の創作作品とします。
  • お一人につき一作品までといたします。
  • 古典落語・新作落語のパロディはお断りいたします。
  • 小説類の脚色はお断りいたします。
  • 台本・脚本については四百字詰原稿用紙15枚迄とします。
  • なるべく縦書のワープロ打ちで御応募下さい。
  • 原稿はA4サイズ、四百字詰原稿用紙とし、黒インク書き、又は黒色のコピーによるものとします。
  • 原稿の表紙には、題名のみを記入し、作者名は一切記入しないで下さい。
  • 必ずページを記入し、右上をクリップでとめてお送り下さい。
  • 原稿は1部提出して下さい。
  • 応募にあたっては、所定の応募用紙一部を必ず同封し、受付期間中(締切日必着)に指定の応募先に郵送(宅配便も可)して下さい。直接事務局に持参されても受取りません。
  • 郵便物の表面に赤字で落語台本又は脚本在中と明記して下さい。
  • 今年度における他の募集先との重複はお断りしております。
  • ペンネームの使用は原則禁止といたします。

※紙媒体の募集要項を請求される際には84円切手を貼った返信用封筒を同封のうえ、落語協会までご請求ください。折り返し募集要項をお送りいたします。

応募先
〒110-0005
東京都台東区上野1-9-5
一般社団法人落語協会
「2023年度 新作落語台本・脚本募集係」


新作落語台本てびき動画
一般社団法人落語協会YouTube「新作落語を書いてみよう



著作権等
  • 入選作品(優秀作及び佳作)については落語協会が著作権を保有します。
  • 原作を落語として演じるに際しての、各演者による工夫・変更等による加除については、ご了承下さい。

その他
  • 提出された応募原稿は返却いたしません。
  • 選考に関する問い合わせには応じません。
  • 盗作等の詐称行為が判明した場合は、入選を取り消すことがあります。
  • 入選作品以外の作品についても作者に相談の上、上演する場合があります。

募集期間
2023年5月1日(月)~6月30日(金) 必着

発表
2023年11月24日(金) 18時開演
池袋演芸場(豊島区西池袋1-23-1)

※入選者には直接連絡をもって発表にかえます。

選考委員
柳家喬太郎・林家彦いち 他
落語協会所属落語家
落語協会所属新作台本募集プロジェクト委員会委員



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第16回 絵本テキスト大賞

絵本テキスト大賞/日本児童文学者協会
第16回 絵本テキスト大賞
募集期間:2023年4月1日~6月30日 当日消印有効
日本児童文学者協会と童心社は、絵本作家の発掘と育成、また新鮮な絵本の出版を目的として、絵本テキスト(文章)を募集いたします。
大賞に選ばれた絵本テキストには、著名な画家たちのすばらしい絵のついた絵本になります。
新しい絵本世界を切り拓く可能性を秘めた、瑞々しくフレッシュな感性で描いた作品を募集いたします。また絵本としての特徴を生かしながらも、ストーリー性のある原稿を望んでいます。
たくさんの皆さんからのご応募をお待ちしています。
グレードを確認してお送りください。

入賞賞金
大賞作品は単行本として刊行し、所定の印税をお支払い。

応募資格
プロ、アマ、国籍は問わず。
15歳以上の方。

募集する作品
子どものための絵本テキスト(文章)を募集します。(絵は描かないでください)
テキストの文章は、展開を考えて場面割りをしてください。
ただし応募は最大でAグレード1編・Bグレード1編までといたします。

<Aグレード> 幼児(3~5歳)……11見開きの原稿
<Bグレード> 幼年(6~8歳)……15見開きの原稿
※「1見開き」……本を開いたとき左右のページを合わせて、1見開きといいます。

対象の子どもたちの年齢を考えた、字数・文章量にしてください。
これまでの受賞者の作品などを、童心社のサイトでご覧いただき参考にしてください。
https://www.doshinsha.co.jp/special/ehontext/list.html

応募要項
  • 原稿用紙:A4サイズで文章のみ。
    原稿は5部同封すること。
  • 原稿は右肩を綴じ、別紙1枚に、筆名のほか本名・住所・年齢・職業・電話番号・メールアドレス、作品タイトル、また児童文学歴があれば書き添えること。なお原稿にはタイトルのみを記入し、名前などは記入しないこと。なお応募封筒にはAかBかのグレードを朱記すること。 Aグレード、Bグレードそれぞれ1編ずつまで応募可とし、自作の未発表作品に限ります。(商業出版を目的としない同人誌での発表は可としますが、その旨ご記入ください。) 応募原稿は、いかなる場合にも返却いたしません。
  • 事務手数料として、切手を120円分同封してください。

原稿の送り先
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂6-38 中島ビル502
日本児童文学者協会『絵本テキスト大賞』宛


応募に関するよくある質問と回答
《書き方について》
Q.手書きでもいいですか?
A.手書きでも、パソコンで書いてプリントしたものでもOKです。

Q.原稿は縦書きですか、横書きですか?
A.基本は縦書きですが、横書きでもかまいません。

Q.絵をつけてもよいですか?
A.絵は一切つけないでください。文章のみの募集です。

Q.11見開きで応募する場合、11枚の紙に分けて書くのですか?
A.その必要はありません。短くおさまるならば、1枚にまとめていただいてもOKです。①、②、③といったふうに箇条書きにするなど、どの見開きがどの文章なのか、わかるようにしてください。15見開きのBグレードについても同様です。

Q.最大何字まで書いていいですか?
A.特に規定はありませんが、対象の子どもたちの年齢を考えた、字数・文章量にしてください。
これまでの受賞者の作品などを、下記の童心社のサイトでご覧いただくなどして参考にしてください。
https://www.doshinsha.co.jp/special/ehontext/list.html



《原稿の送り方について》
Q.A4判の用紙は、コピー用紙でもいいですか?
A.コピー用紙でかまいません。サイズがA4判ならば、特に規定はありません。

Q.5部同封とは、同じ作品を5部ですか。違う作品5作送るということですか?
A.同じ作品を5部という意味です。コピーでかまいません。

Q.名前など記入する別紙も、5枚必要ですか?
A.別紙は1枚でけっこうです。

入選発表
大賞受賞者には2023年10月中に、選考委員会よりお知らせします。
また「日本児童文学」2023年11・12月号誌上にて発表し、日本児童文学者協会と童心社のホームページでも選考結果を公表します。

大賞作品
大賞は童心社より単行本として刊行し、所定の印税をお支払いいたします。

選考委員(敬称略)
内田麟太郎
加藤純子
浜田桂子
大熊悟(童心社取締役 編集長)

主催
日本児童文学者協会
童心社



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

映画企画コンペ「20祭」 短編映画シナリオ募集

映画企画コンペ「20祭」 短編映画シナリオ募集
映画企画コンペ「20祭」 短編映画シナリオ募集
締切:2022年6月30日(木) [Web応募]
「20祭」とは
20分短編映画の企画を募集する映画企画コンペティションです。
テーマは20周年にちなんで数字の「20」
20歳、20円、20人……発想は自由です。

審査はシナリオのみ。
審査後に各制作チームごとに撮影に取り組んでいただきます。
そして、上映する三作品には些少ですが制作支援金を20万円ずつ進呈します。

20だらけの映画企画コンペ、それが『20祭』です。

入賞
制作支援金20万円(3作品)
※制作した作品は2023年夏に池袋シネマ・ロサにて上映予定。

応募対象
シナリオと映画撮影両方が出来る方が対象です。
シナリオのみの参加、撮影のみの参加は受け付けておりません。

映像化する作品の時間
20分

応募規約/募集テーマ
  • テーマが数字の「20」の作品を募集します。テーマ「20」の取り入れ方は自由です。
    (例、20人の登場人物が~、二十歳の誕生日に~、など)
    映像化する際にはなるべく時間が20分ちょうどの作品に仕上げてください。
  •  
  • 作品のジャンル(コメディ、ホラー、アクション、など)は問いません。ただし実写作品に限ります。
    アニメ作品やCG作品は募集の対象外です。
  •  
  • 一次創作(応募者のオリジナル作品)のみ募集しております。二次創作の作品は募集しておりません。
    また、ドキュメンタリー作品は受け付けておりません。フィクションの作品に限ります。
  •  
  • 20祭は映画企画コンペであり、自主映画を撮る方や映画監督を目指している方にむけてのコンペとなります。シナリオでの選考の後に撮影に入りますが、シナリオと映画撮影両方が出来る方が対象です。シナリオのみの参加、撮影のみの参加は受け付けておりません。
  •  
  • 同じチームのメンバーであれば、シナリオを書く人と映画を撮る人が別でも構いません。ただしその場合はチームのどなたか一人を代表者に定めてください。撮影前に契約がありますが、その際に代表者の方と契約いたします。
  •  
  • 映像化する際の楽曲や映像その他作品に関わるものはすべて、応募者に著作権があるものを使用してください。他者の著作権、肖像権、その他権利を侵害するものは使用しないでください。
    他者に権利があるものを使用する場合、必ず権利者からの許可承諾を得てから使用してください。
    作品の権利侵害により問題が発生した場合、その責任は全て応募者にあり、弊社は対応しかねます。
  •  
  • オフィス桐生は作品審査および上映配給を担当いたします。皆さんの映画制作スタッフに弊社の社員は入りません。また撮影スタッフの紹介、斡旋なども受け付けておりません。
  •  
  • 受賞作品に対する制作金支援について、弊社では無報酬及び未払いを禁止しているため、受賞各チームには予算表を提出していただきます。予算表に基づきクランクイン前に現場費、納品時に残金を支給します。支援金は最大で20万円となります。
  •  
  • 当コンペは予算20万円で作品を仕上げることをコンセプトとしております。
    従って、クラウドファンディングによる追加制作費の獲得は原則禁止しております。
  •  
  • 劇場での上映権及び配給権、また配信権は株式会社オフィス桐生が有します。
    個別作品を、20祭の劇場上映前に短編映画祭へ応募することは禁止です。
    20祭の上映後は他映画祭などへの応募は可能ですが、応募前に弊社の許可が必要となります。
  •  
  • 特定の人や団体等を中傷する内容のもの、公序良俗に反する内容のもの、その他それに準ずる悪意があるものについては審査の対象外とします。
    また、映像化後に上記のような箇所が作品内に見られた場合、該当箇所は修正および削除の対象となります。従っていただけない場合は入賞取消および支援金没収の可能性もありますのでご注意ください。

応募方法
公式サイトの専用応募フォームよりご応募ください。
※郵送での応募は受け付けておりません。

「20祭」の応募には
①自身のプロフィール(名前、連絡先、自己PRなど)
②過去作のデモリール(動画投稿サイトのURL)
③『20祭』に応募するシナリオ(PDF形式)
が必要となります。

①自身のプロフィール
応募者(監督)の名前、メールアドレス、自己PRは必須記入事項です。
執筆者の欄は、応募者(監督)とは別の方がシナリオを書いている場合のみ記入してください。
自己PRの欄は、個人の経歴や作品の受賞歴などの自己紹介は必ず入れてください。

②過去作のデモリール
応募者(監督)の過去作品等を、一本のデモリールにまとめてください。
デモリールは5分以内にまとめ、YouTubeやVimeo等の動画投稿サイトに投稿してください。
応募フォームにはデモリールのURLとパスワードを入力してください。
YouTubeの場合は「公開」もしくは「限定公開」に設定してください。
パスワードが必要ない場合は、パスワードの欄は「無し」と入力してください。

③「20祭」に応募するシナリオ
テーマは数字の「20」です。テーマの取り入れ方は自由です。
文字数に指定はありませんが、映像化した際に20分の作品になるように執筆してください。
シナリオは必ずPDFの形式で添付してください。
PDFのファイル名には、シナリオの執筆者名と作品のタイトルを必ず入れ、タイトルと執筆者の間に全角スペースを入れてください。
投稿時にPDFの状態であれば構いませんので、作成するソフトやアプリに特に指定はありません。

スケジュール
《シナリオ応募期間》
2022年5月1日から2022年6月30日まで

▼第一次審査(作品)
2022年7月頃 実施予定

▼第二次審査(面談)
2022年8月頃 実施予定

▼審査発表
2022年秋 受賞3作品を発表予定

▼撮影
各作品チームごとに納品までのお好きな日程で撮影に取り組んでいただきます。
※オフィス桐生は撮影には関与いたしません。

▼納品
2023年上旬 納品予定
※制作支援金に関しては、下記の応募規約をご確認ください。

▼上映
2023年 夏に池袋シネマ・ロサにて上映予定

※日程は仮のものであり、今後変更になる場合がございます。ご了承ください。

選考委員
菊地健雄/映画監督
桐生コウジ/プロデューサー、俳優

主催
オフィス桐生



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。


公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第8回 近松賞

近松賞
第8回 近松賞 (正式名:近松門左衛門賞)
締切:2022年6月30日(木) 当日消印有効 [Web応募可]
近松賞について
尼崎市は、日本が世界に誇る劇作家・近松門左衛門とゆかりが深いことから「近松のまち・あまがさき」をテーマに文化振興に努めています。
近松の功績を顕彰するとともに、次代の演劇界を担う優れた劇作家を世に紹介し、新たな演劇作品の発掘、劇作家の育成を目的として、近松賞(正式名 近松門左衛門賞)を平成12年に創設し、13年度から隔年で実施しています。

入賞賞金
受賞作(1篇)-正賞及び副賞 100万円
※副賞には出版権料、上演権料、放送権料、税を含みます。

応募資格
一切問いません。

原稿枚数
150枚以内(400字詰め原稿用紙)

作品内容
近松作品が発揮した演劇の力強さ、深さ、それを生んだ人間把握の新鮮さとの現代的連関を感じさせる作品。

応募規定/応募内容
募集作品は、現代演劇の戯曲とします。

  • 日本語によるオリジナルの未発表、未上演の作品に限ります。(脚色は不可)
  • 400字詰め原稿用紙(縦書、A4サイズ)で、150枚以内とします。
  • パソコン原稿の場合は、A4サイズに20字×20行(縦書)で150枚以内とします。
  • 読みにくい漢字には必ずルビを付けてください。
  • 「作品の概要、あらすじ」を800字以内にまとめて、応募作品に添付してください。
  • 他の戯曲・小説・映画などから引用した場合は、その作品名を明記してください。

応募方法
    《Webから応募する場合》
  1. 指定書式の作品原稿(PDF)をご用意ください。
    規定等の詳細はこちら(PDF)をご確認ください。
  2. 公式サイトの募集要項にあるWeb応募用エントリーフォームから必要事項を入力の上、送信ください。
    (Webでの応募締切:2022年6月30日(木) 17:00必着)
  3. 自動返信メールのご案内に従い、指定書式の作品原稿(PDF)をご提出ください。



    《郵送で応募する場合》
  1. 作品原稿1部のみに「作品名、枚数、氏名(ペンネームがあればカッコ書き)、住所、電話番号、年齢」を明記し、そのコピー2部には作品名のみ記入してください。(計3部)
    (既定等の詳細は上記参照)
  2. 送付又は持参してください。
  3. 原稿をとじ、本文には左下にページ番号をいれてください。
  4. 応募作品は一切返却しません。あらかじめコピーをとっておいてください。

郵送での応募先
〒660-0881
兵庫県尼崎市昭和通2-7-16
尼崎市文化振興財団「近松賞」係


応募受付
令和4年5月1日(日)~ 6月30日(木) 当日消印有効 [厳守]

審査発表
令和5年1月頃に発表します。
なお、受賞者には直接通知します。

受賞作(1篇)-正賞及び副賞  100万円
(ただし、副賞には出版権料、上演権料、放送権料、税を含みます)

選考委員 (50音順・敬称略)
岩松 了 (劇作家・演出家・俳優)
濱田 元子(毎日新聞論説委員兼学芸部編集委員)
平田 オリザ (劇作家・演出家)
松岡 和子 (翻訳家・演劇評論家)
渡辺 えり(劇作家・演出家・女優)
審査の上、選考委員会で受賞作品を決定します。
(当賞にふさわしい作品がない場合は該当なしとします。)

出版と上演について
受賞作品は選評を含め冊子にして発行します。
また、令和6年度中までに上演する予定です。
ただし、上演にあたり加除・変更を行うことがあります。
なお、受賞作品の出版権、上演権、放送権は、令和7年3月31日まで主催者に帰属します。

その他/注意事項
  • 選考に関する問い合わせには応じられません。
  • 未発表・未上演の創作作品でないと判明したときは、受賞を取り消します。

主催
公益財団法人尼崎市文化振興財団
尼崎市



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第1回 AIのべりすと文学賞

AIのべりすと文学賞
第1回 AIのべりすと文学賞
締切:2022年6月30日(木) [Web応募]
日本最大規模のAIによる物語生成ジェネレーター「AIのべりすとalpha2.0」を使い、新しい創造的物語を書いて応募してください。

「AIのべりすとalpha2.0」はクリエイターである Sta という個人が Google TRC の協力のもと、 525GB 文庫本約 178 万冊分の コーパスで、日本最大級の68.7億パラメータのAIを訓練した、AIノベルライターです。すでに多くの人が創作活動を行っていますが、このたび、AIのべりすと文学賞を新しく創設して、クリエイターたちの活性化をはかっていきたいと思います。

▶「AIのべりすとalpha2.0」は無料でお試しできます。

入賞
■最優秀作品賞(1名)
賞金50万円、「AIのべりすと」プラチナ会員権12ヶ月分
純文学、ライトノベルなどジャンルを問わず最も優れた作品に贈られます。

■小学館賞(1名)
賞金10万円、「AIのべりすと」プラチナ会員権12ヶ月分
株式会社小学館が選出した作品に贈られます。

■優秀賞(2名)
賞金10万円、「AIのべりすと」プラチナ会員権12ヶ月分
純文学、ライトノベルなどジャンルを問わず優れた作品に贈られます。

■AIショート賞(1名)
賞金 10万円、「AIのべりすと」プラチナ会員権12ヶ月分
優れたショート作品に贈られます。

※その他、企業協賛による企業賞が追加される場合があります。
※いずれの賞も該当作品が選出されない場合があります。
※最優秀作品賞を含め、受賞作は小学館での書籍化を検討します。
※各賞金の金額は、消費税込の金額です。別途源泉所得税が徴収される場合があります。

応募資格
プロ・アマ、年齢を問いません。

募集内容
「AIのべりすと」を利用して日本語で書かれた未発表作品に限ります。
他の文芸賞に応募している作品は応募できません。
また、発表までの期間中、他文学賞への応募はご遠慮ください。
応募してから当選・落選が判明するまでは、応募作品を新たに同人誌、ブログを含む webサイトなどに掲載することをお控えください。また、すでにwebサイトに掲載されている作品を応募された場合は、掲載を取りやめるか非公開設定にするようお願いいたします。

▼小説(8,000文字~10万字程度)
純文学、アクション、ファンタジー、SF、ホラー・ミステリー、コメディ、歴史・時代小説、エンタメ/ライトノベルなど、多様な小説作品。ジャンルは問いません。長編でも短編でも構いません。

▼ショート作品(1,200文字~1万字程度)
「AIのべりすとalpha2.0」を使って小説以外の作品を生成することもできます。短歌・俳句、落語、シナリオ、ハウツー、クイズなどの作品を応募してください。
※俳句は十句、短歌は十首以上。
※作品の形式によっては文字数を問いません。
※あわせて「AIのべりすと」をどのように利用したか「感想/コメント」(文字数不問)を書いてお送りください。こちらも審査の対象とさせていただきます。

応募方法
  • 公式サイトの応募規定を確認の上、応募フォームに必要事項を記入し、「作品」および「感想/コメント」の2ファイルを添付して送信してください。いずれかの添付がない場合は、無効となります。
  • 「作品」および「感想/コメント」のファイルは、txt形式(.txt)、word(.doc, .docx)形式とさせていただきます。他の形式での応募は無効となりますのでご注意ください。
  • 「作品」および「感想/コメント」は、最初の部分に「作品タイトル」、「ペンネーム」、「氏名」を記載し、本文は数行空けてから開始してください。
  • 「作品」のファイル名は、「作品タイトル」をつけてください。(作品タイトルにファイル名に使用できない文字がある場合、その部分は他の文字に置き換えてください)。
  • 「感想/コメント」のファイル名は、「感想」としてください。文字数は問いません。
  • 複数の別作品を応募することは可能です。その場合は1作品ごとに応募フォームに記入し、応募してください。「感想/コメント」ファイルは同じものでも構いませんので、必ず各作品ごとに添付してください。
  • 応募された作品の修正はできません。
  • 郵送、持ち込みでの応募はできません。

応募規定
  • 応募者は、自己の責任において「AIのべりすと文学賞」に応募するものとします。
  • 非営利で運営されているWebサイトや同人誌に掲載された作品は未発表とみなします。ただし応募の際に、掲載されたWebサイト、同人誌名を記入してください。また、応募してから当選・落選が判明する本文学賞の発表(2022年10月1日)までは、応募作品を新たに同人誌、ブログを含むサイトなどに掲載することをお控えください。また、すでにWebサイトに掲載されている作品を応募された場合は、掲載を取りやめるか非公開設定にするようお願いいたします。削除、非公開にされた場合は、掲載されたWebサイト、同人誌名の記載の際に、削除・非公開済である旨を記載してください。
  • 第三者の著作権および権利・利益を侵害する可能性がある、既存の作品を利用した二次創作、パロディは審査対象外となります。ただし「AIのべりすと」に付属しているMOD機能を活用した創作は可能です。
  • 過度な性描写・残虐描写を含む作品、特定の個人・団体を誹謗・中傷する作品、公序良俗に反する内容の作品、その他、審査委員がふさわしくないと判断した作品は審査対象外となります。
  • 本規定に違反した結果、応募者が当事務局又はその他の第三者に損害を与えた場合、当該損害を賠償していただきます。
  • 中学生以下の方は、保護者(法定代理人。以下同じ)にも本応募要項をお読みいただき、保護者の同意を得たうえでご応募ください。応募完了の時点で、保護者の同意があったものとして取り扱われます。
  • 応募作品の返却はいたしません。
  • 審査に関する問い合わせにはお答えできません。
  • 入賞作品の出版等が決定した場合は、別途契約を結んでいただきます。
  • 入賞作品は応募者に連絡の上、Webに掲載する場合があります。
  • 応募にあたっては、本応募規定に同意されたものとさせていただきます。

審査委員(敬称略)
《審査委員長》
橘川 幸夫(多摩大学経営情報学部客員教授)

《審査委員》
入江 武彦(会社役員/著作権コンサルタント)
川田 十夢(AR三兄弟 長男)
五味 未知子(アイドル、タレント)
佐藤 満春(放送作家)
竹内 宏彰(アニメーションプロデューサー)
田口 ランディ(作家)
ダ・ヴィンチ・恐山(ライター)
ぴちきょ(メタバースマーケター)

応募される方へのメッセージ
AIのべりすと文学賞は「AIのべりすと」を利用して創作した物語の優秀作品を表彰するものです。これからの時代は、AI(コンピュータ・テクノロジー)と、人間そのものが共同作業によって新しい文化を築いていく時代だと思います。AIだけに頼るのではなく、人間だけで頑張るのでもなく、両者の共同作品の新しさを求めたいと思います。
応募については「作品」と「AIのべりすとを利用した感想文/コメント」を提出してもらいます。それぞれが審査の対象になります。
これまで小説を書いていたきた人には、新しい道具を使った想像力の飛躍を感じることが出来るかも知れませんし、小説などとは無関係だと思っていた人は、思わぬ自分の才能を発見するかも知れません。世代も、性別も、立場も超えて、新しい時代の創作活動の幕を、みなさんと一緒に開けていきたいと思います。
たくさんの応募をお待ちしています。

審査委員長 橘川 幸夫



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
アクセス数が多いページ
スマホ版サイト
締め切り月別検索
脚本術と創作の参考書
映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し


映画『怪物』 脚本:坂元裕二
オリジナルシナリオブック

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術


脚本を書くための101の習慣

対立・葛藤類語辞典 上巻
対立・葛藤類語辞典 上巻


ストーリーの解剖学


人気海外ドラマの法則21


鬼の筆/戦後最大の脚本家・
橋本忍の栄光と挫折
SNS(X / Bluesky)
サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣東映
 ┣TSUTAYA
 ┣JIMCA
 ┣TOKYO FM
 ┣劇団NLT
 ┣人間座
 ┗PAP企画
 ┣Hulu
 ┣AbemaTV
 ┣講談社
 ┣集英社
 ┣松山市
 ┣学研
 ┣AFJ
 ┣TapNovel
 ┣note
 ┣文芸社
サイト内検索