シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募情報をまとめた、シナリオライター・脚本家・作家・映画監督・漫画原作者などを目指す人向けのサイトです。
映画、TVドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、絵本、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイド。
X(旧Twitter)Blueskyでは、募集中のコンクールや審査結果、脚本術、作家の話題、ドラマ・映画関連情報、創作ネタなどを投稿しています。

第8回 岩井コスモ証券presents 上方落語台本大賞

上方落語台本大賞/上方落語協会
第8回 岩井コスモ証券presents 上方落語台本大賞
募集期間:2024年4月1日(月)~9月30日(月) 必着
入賞賞金
大賞:10万円
優秀賞:5万円
佳作:3万円

※入選作がない場合もあります。

応募資格
プロ・アマ、年齢、性別は問わず。
但し、未発表の作品に限る。

原稿枚数
15枚程度(400字詰め原稿用紙)

テーマ
自由作または課題作「AI」

応募規定
  • 400字詰め原稿用紙15枚程度。
  • 手書き、ワープロいずれも可。
  • 応募は1人2編まで。
  • あらすじとサゲを1枚にまとめ、題と氏名(年齢・職業・性別)、住所、連絡先を明記し、表紙として1枚目に添付してください。
  • 応募方法は郵送に限ります。
  • 未発表の作品に限ります。

応募先
〒530-0043
大阪市北区天満4-12-7
公益社団法人上方落語協会「台本大賞」係


募集期間
募集期間:2024年4月1日(月)~9月30日(月) 必着

結果発表
2024年12月予定
(入選作発表落語会は2025年春頃予定)

選考委員
《委員長》
桂文枝

《副委員長》
難波利三(作家)

《委 員》
木下昌輝(作家)
田中啓文(作家)
成瀬國晴(イラストレーター)
前田憲司(芸能史研究家)
やまだりよこ(演芸ジャーナリスト)

注意事項/その他
  • メールでの応募は不可。
  • 選考経過・結果についてのお問い合わせには応じられません。
  • 著作権は上方落語協会に帰属します。
  • 応募作品を演じる際にアレンジを加えることがあります。



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

令和5年度 希望の大地の戯曲賞「北海道戯曲賞」

北海道戯曲賞/北海道舞台塾/北海道文化財団
令和5年度 北海道戯曲賞
締切:2023年9月1日(金) 当日消印有効
今年度で第10回目を迎えた「北海道戯曲賞」は全国に門戸を開き、次代を担う劇作家や優れた作品を発掘するとともに、道内外の作家が互いに競い合うことにより、北海道における演劇創作活動の活性化を図ることを目的としています。
また、大賞受賞作品は受賞記念公演として上演し、道民の皆様に上質な演劇作品の鑑賞の機会を提供します。
昨年度大賞作品『チェーホフも鳥の名前』(作:ごまのはえ)は令和6年8月に札幌で上演予定です。



《令和5年度「北海道戯曲賞」》
チラシ表(PDF) / チラシ裏(PDF)
募集要項(PDF)

入賞賞金
大賞:50万円 (1作品) ※源泉所得税込み
優秀賞:5万円 (1作品)

  • 大賞受賞作品は戯曲賞受賞記念公演として令和6年度(2024年度)以降、札幌市内で上演します。
  • 上演の際は当財団の規程に基づく上演料(脚本使用料)を別途お支払いします。

応募資格
応募者の資格は問いません。

原稿枚数
200枚程度まで(400字詰め原稿用紙換算)

応募条件
  • 応募作品は1人1作品とし、日本語で書かれた戯曲とします。
  • 著作権が作者本人にあるものとします。
  • 既発表、既上演の作品についても応募可能とします。ただし、同時期に他の賞への重複応募や、過去に他の賞で受賞歴のある作品は応募できません。
  • 北海道戯曲賞で大賞受賞歴のある作家は応募できません。

応募方法
  • 令和4年度希望の大地の戯曲賞「北海道戯曲賞」応募票(※)と作品原稿1部を書留郵便又は宅配便など配達記録が残る方法で応募してください。(メールでの応募は不可)
    ※応募票は下記URLからダウンロードしてください。
    https://haf.jp/gikyoku.html
  • 書式はA4用紙とし、400字詰め原稿用紙に換算して200枚程度までとします。
  • 作品原稿の表紙には「タイトル」のみ記入し、作品内に作者名は一切記載せず、2枚目以降に「登場人物」、「あらすじ」を記載してください。
  • 原稿には必ず通し番号を記載してください。
  • 他の作品から引用した場合は、その作品名、作者名及び引用箇所を作品の末尾に記載してください。

応募先
〒060-0042
札幌市中央区大通西5丁目11大五ビル3F
公益財団法人北海道文化財団「北海道戯曲賞」係宛


注意事項
  • 応募作品は、応募後に変更あるいは訂正・加筆することはできません。
  • 応募作品は返却しません。
  • 応募条件に反する事実、著作権の未処理、盗作、類似等が判明した時は、受賞決定後であっても無効とします。
  • 選考過程に関する問合せには応じられません。

審査
    ▼1次審査: 令和6年1月5日(金)予定
  • 5名の審査員(氏名非公開)により、応募全作品の審査を行います。
  • 審査過程は非公開とします。
  • 1次審査通過作品名と作者名をホームページで公表します。

    ▼第2次審査: 令和6年3月11日(月)予定
  • 次の審査員により、1次審査通過作品の審査を行います。
    江本 純子 (毛皮族)
    瀬戸山 美咲 (ミナモザ)
    福原 充則 (ピチチ5)
    古川 健 (劇団チョコレートケーキ)
    松井 周 (サンプル)
  • 審査過程は非公開とします。
  • 受賞作品名、作者名及び2次審査員の選評はホームページで公表します。

著作権
受賞作品の著作権は作者本人に帰属します。

賞の内容
大賞:50万円 (1作品) ※源泉所得税込み
優秀賞:5万円 (1作品)

  • 大賞受賞作品は戯曲賞受賞記念公演として令和6年度(2024年度)以降、札幌市内で上演します。
  • 上演については、北海道文化財団プロデュース公演とし、演出家・出演者その他上演形式は作者と協議の上、当財団が決定します。
  • 上演の際は当財団の規定に基づく上演料(脚本使用料)を別途お支払いします。
  • 受賞作品はホームページで公開します。

主催
公益財団法人北海道文化財団



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

MPA/DHU/TIFFCOM マスタークラス・セミナー&ピッチング・コンテスト2023

MPA/DHU/TIFFCOM マスタークラス・セミナー&ピッチング・コンテスト
MPA/DHU/TIFFCOM
マスタークラス・セミナー&ピッチング・コンテスト2023

締切:2023年9月10日(日) [Web応募]
TIFFCOM、MPA、DHU共催による若手映画製作者を対象とした「マスタークラス・セミナー&ピッチング・コンテスト2023」を開催します。

モーション・ピクチャー・アソシエーション(MPA)、デジタルハリウッド大学(DHU)、TIFFCOMは、2023年10月25日(水)から27日(金)に開催されるTIFFCOM 2023 内で 「MPA/DHU/TIFFCOM マスタークラス・セミナー&ピッチング・コンテスト 2023」 を実施いたします。
本イベントは若手映画製作者の海外展開へのプラットフォーム構築を目的として開催されるセミナーと企画ピッチングイベントで、今年で5年目となります。

入賞特典
最優秀賞に選ばれた企画には、2024年11月に開催される「Global Film & Television Immersion Program」に参加のうえ、ロサンゼルスで映画・テレビビジネスがどのように行われているかを紹介する旅行が贈呈されます。このプログラムには5日間のコース、日本からロサンゼルスまでのエコノミークラス往復航空券、宿泊費、アメリカン・フィルム・マーケット(AFM)への入場料が含まれます。(通訳は同行いたしません)。

優秀賞に選ばれた方は、2024年11月にオーストラリアのゴールド・コーストで開催されるアジア・太平洋・スクリーン・アワード(APSA)に招待されます。この賞には、日本からオーストラリアまでのエコノミークラス往復航空券、宿泊費、アジア・太平洋・スクリーン・フォーラムへの参加費が含まれます。(通訳は同行いたしません)。

イベント開催概要
《日時》
2023年10月25日(水)~27日(金)のTIFFCOM 開催期間内にて開催

《会場》
東京都立産業貿易センター浜松町館(東京都港区海岸1-7-1)

《内容》
海外著名映画制作者によるマスタークラス・セミナー(1 時間程度)
一次選考を通過した若手映画制作者によるピッチング・コンテスト (2時間程度)

▼【第一部: マスタークラス・セミナー】
登壇者は決定し次第お知らせいたします。

▼【第二部: ピッチング・コンテスト】
応募された企画の中から選ばれた5企画の作者にピッチングを行っていただきます。

その中から最優秀賞に選ばれた企画には、2024年11月に開催される「Global Film & Television Immersion Program」に参加 のうえ、ロサンゼルスで映画・テレビビジネスがどのように行われているかを紹介する旅行が贈呈されます。このプログラムには5日間のコース、日本からロサンゼルスまでのエコノミークラス往復航空券、宿泊費、アメリカン・フィルム・マーケット(AFM)への入場料が含まれます。(通訳は同行いたしません)。

また優秀賞に選ばれた方は、2024年11月にオーストラリアのゴールド・コーストで開催されるアジア・太平洋・スクリーン・アワード(APSA)に招待されます。この賞には、日本からオーストラリアまでのエコノミークラス往復航空券、宿泊費、アジア・太平洋・スクリーン・フォーラムへの参加費が含まれます。(通訳は同行いたしません)。

※さまざまな事情で海外渡航、あるいは渡航先イベントの開催が難しい等、賞品の授与が困難な場合、The Motion Picture Associationはその裁量で賞品の全部または一部に関して代替の機会を代用する権利を有します。これらは現金と引き換えることはできません。悪しからずご了承ください。

ピッチング・コンテスト募集内容/審査について
  • データ形式:Microsoft Word または PDF、データ内に作品タイトルと作者名を含めてください。
  • 一次審査:シノプシスに対する審査
  • 最終審査:(イベント当日の)5分間のプレゼンテーションに対する審査
  • 審査員:映画・映像産業に関わるプロフェッショナル
  • 最終審査では「映像化された作品を観てみたい」と思わせるような魅力的なプレゼンテーションを展開してください。作品は発表済みのものでも構いませんが権利が本人に帰属している作品に限ります。応募者のプロ、アマ、年齢は問いません。
  • 一次審査結果につきましては、2023年9月末に選考通過者のみに応募時に記載して頂いたメールアドレス宛に連絡をいたします。
  • 応募締切:2023年9月10日(日)当日受信分まで有効
  • 応募作品の権利:作品の著作権につきましては作者に帰属します。 主催者等への帰属は求めません。
  • 一次審査結果発表:2023年9月下旬
  • ピッチング・コンテスト開催日:2023年10月25日(水)~27日(金)のいずれか

応募方法
公式サイトの募集要項ページの応募方法欄にある「エントリーフォーム」から住所・氏名・年齢・性別・職業・電話番号・メールアドレス(携帯電話アドレスは不可とします)・応募作品タイトル・当募集をお知りになった媒体 を記入していただいたうえ、略歴書(フォーマットは問いません)、 シノプシス(2000字以内)をまとめてお送りください。

郵送での応募は受け付けませんので、お気をつけください。
シノプシスはWord、PDFなどフォーマットは自由ですが、データ内には必ず「1.タイトル 2.作者名 3.2000字以内のシノプシス」の3点を含めてください。



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第7回「ミツバチの絵本コンクール」ストーリー部門

第7回「ミツバチの絵本コンクール」 ストーリー部門
「ミツバチの絵本コンクール」
第7回「ミツバチの絵本コンクール」ストーリー部門
締切:2023年9月11日(月) 消印有効 [メール応募可]
ミツバチやはちみつをテーマに「自然環境の大切さ」「社会とのつながり」「生命の尊さ」を表現した、絵本のストーリー作品を募集します。
まず絵本のストーリー作品を募集します。最優秀賞に選ばれたストーリー作品の内容にあわせてイラストを描いて応募していただく2段階形式のコンクールです。ストーリー部門、イラスト(さし絵)部門の最優秀作品は、1冊の絵本となり、「みつばち文庫」として全国の小学校にお届けします。
まずは、絵本のストーリー部門にふるってご参加ください。

趣旨
社会性昆虫であるミツバチは、集団の中の一員として働き、共に助け合う仲間がいることと、共生する自然環境があればこそ生きてゆくことができます。
社会性生物である人間も、社会とどう関わってゆくかが幸福感に大きな影響を与えると言われています。
また、受粉を通して自然界に大きく貢献しているミツバチは、複雑に繋がり合った生態系の素晴らしさを、私たちに教えてくれます。 さらに、ミツバチの生産物は「はちみつ」や「ローヤルゼリー」など全て、私たちの健康に関わるものばかりです。
このような考えのもと、私たちは、ミツバチをテーマにして「自然環境の大切さ」「社会とのつながり」「生命の尊さ」を表現した作品を募集いたします。

入賞賞金
【一般の部(中学生以上)】
最優秀賞(1作品):賞金30万円、賞品
優秀賞(1作品):賞金15万円、賞品
佳作(3作品):賞品

【子どもの部】
最優秀賞(1作品):図書カード5万円、賞品
優秀賞(1作品):図書カード3万円、賞品
佳作(3作品):賞品

※応募された方全員に、記念品を進呈します。

応募資格
【子どもの部】 小学生以下
【一般の部】 中学生以上

年齢制限なし。
プロ・アマ問わず。

ストーリー部門 募集内容
ミツバチやはちみつをテーマに、「自然環境の大切さ」「社会とのつながり」「生命の尊さ」を表現した絵本のストーリーを募集します。
  • 見開き10場面~15場面を想定した絵本のストーリー原稿
  • 文字数1,200字以内(タイトルや氏名は応募の文字数に含みません)
  • 未発表のオリジナル作品に限る
    (同人誌、ホームページに掲載したものは発表済みとみなします)

ストーリー部門の応募原稿について
  • 見開きで10~15場面を想定した絵本のストーリー原稿。
  • 文字数1200字以内(タイトルや氏名は応募の文字数に含みません)。
  • パソコン、ワープロによる字詰めは自由です。ただし手書きを含めて用紙はA4サイズを使用。
  • 原稿の1行目に作品タイトル、2行目にお名前(本名)と年齢を記入してください。文章は3行目から書き始めてください。(表紙は不要)
  • 場面ごとに①~⑮までの通し番号を、書き出し文の頭に記載。

応募方法
公式サイトの応募要項からダウンロードした応募用紙、またはご用意いただいた用紙に必要事項を記載して必ず作品に同封のうえご応募ください。(1作品につき1枚)
※応募用紙のダウンロードができない場合は、ご用意いただいた用紙に、公式サイトの募集要項にある《必要事項》を記載して作品に同封の上ご応募ください。
※ご応募の前に、必ず「応募に関する注意事項」をご確認ください。

【応募に関する注意事項】
●FAXでの応募はお受けできません。
●作品は返却いたしません。原本が手元に必要な方はコピーをお送り下さい。
●作品の到着連絡は行いません。宅配便、ゆうパック、簡易書留など、追跡サービスをご利用できる発送方法をおすすめします。
●受付後、作品の修正はお受けできません。
●審査についてのお問い合わせにはお答えできません。
●同じ作品で他のコンクールへの二重応募はご遠慮ください。
●応募された作品を同人誌、ホームページに無断で掲載することはできません。
●主催者は作品送付中に被った紛失、破損に対してはいかなる責任も負いません。



■Eメールでのご応募について
メールでの応募の場合、Wordまたはテキスト文書にて作成し、《必要事項》をメール本文にご記入の上、添付ファイルで下記のメールアドレスへ送信してください。
Wordまたはテキスト文書以外でのデータは受け付けることができません

【応募先メールアドレス】
contest@yamada-bee.com


《必要事項》
①作品タイトル
②郵便番号
③ご住所
④お名前(フリガナ)
⑤電話番号
⑥メールアドレス(あれば)
⑦性別
⑧生年月日
⑨職業(学生の方は学年)
⑩このコンクールを何でお知りになったか(●月▲日××新聞など)
⑪応募規定及び著作権等に関して同意する旨を記入し、署名または捺印
(メールで応募の場合は、署名・捺印は不要です)

作品の応募先
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-19-15 第3三ツ矢ビル8F
「ミツバチの絵本コンクール」事務局(TMS内)


発表/表彰
《ストーリー部門》
2023年11月予定

《イラスト(さし絵)部門》
2024年3月下旬予定

入賞作品は当WEBページおよび朝日小学生新聞にて発表いたします。
入賞された方のみ事務局よりご連絡いたします。
なお、落選された方への個別連絡はいたしませんのでご了承ください。

著作権等について
  • 応募作品の所有権ならびに受賞作品の著作権(著作権法27条、28条の権利を含みます)は主催者に帰属するものとし、応募者は著作人格権を行使しないことを前提とします。
  • 応募いただいたすべての作品(作品のタイトルや文言を含みます)の一部又は全てを複製、上映、展示及び出版や山田養蜂場の広告、商品パッケージその他の用途で、山田養蜂場又は山田養蜂場が指名する者が無償で利用させていただきます。
  • 作品(内容を改編したものや要約したものも含む)に、氏名を掲載して公表する場合がございます。
  • 応募作品のサイズ、色合い、構成、文言、テーマ、名称その他の表現を編集(文章の要約を含む)させていただく場合がございます。
  • 作品は、応募者本人が創作した未発表のもので、他に同一・類似作品がないもの、第三者の著作権、肖像権その他の権利を侵害しないもの、またはそのおそれがないものに限ります。また、著作権その他権利侵害等の責任が問われた場合、山田養蜂場はその責を一切負わず全て応募者の責任において対処していただきます。その際には、審査結果発表後であっても入賞を取り消し、賞金もご返却いただきます。

絵本のストーリー作りのヒント
はじめて絵本のストーリーを書いてみようという方向けに、いくつかヒントをあげました。慣れた方には、必ずしも当てはまらないものもありますが、作品作りの参考になさってください。

①世界観を考えよう
ファンタジーものや冒険をするお話など、いつもよんでいる大好きな本の物語をイメージすると考えやすいです。

②キャラクター作り
つぎはキャラクター(登場人物)を作ります。元気いっぱいの主人公や物語に登場する動物など、いろんなキャラクターを考えます。

③ストーリー作り
最後にストーリーです。始まりから終わりまでを簡単に考えます。頭のなかで浮かんだ言葉を紙に書いてまとめたら、物語を作りましょう。

  • 読者に短い文章でたくさんのメッセージを理解させるのは困難です。欲張らず、子どもたちに何を伝えたいか中心となるテーマは絞りましょう。
  • 絵本のイメージと登場人物が浮かんだら、ストーリーを書き始める前に、起承転結で全体の構成を考えてみると書きやすくなります。
  • 童話とちがって絵本は「絵と文」で表現するジャンルの本です。各ページの場面の絵を自分なりにイメージしながら考えましょう。
  • 絵本は絵があるとはいえ、場面説明を省くと分かりづらくなります。だれが、いつ、どこで、なぜ、なにをしているのか(5W1H)の情報は押さえておきましょう。
  • 短い言葉や文で表現することを意識しましょう。着飾った表現よりも、いかに伝わりやすく、読みやすく平易な文で表現することが大事です。
  • オノマトペ(擬音語・擬態語)や比喩表現を工夫しましょう。子どもにとって絵本は「経験」。音を聞いたとき、自分でその音を出したときの口の動きは、とても楽しく印象に残ります。

▶「ミツバチの絵本コンクール」よくある質問と回答



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

短編朗読劇脚本家募集/PAP企画

短編朗読劇脚本家募集/PAP企画
短編朗読劇の脚本家募集/PAP企画
締切:2023年9月24日(日) 23:59まで [メール応募]
PAP企画は、2024年5月に上演予定の要迷酒朗読の会・第16回公演「紡〜つむぐ〜」の脚本家を募集します。

応募資格
  • 脚本家として採用された場合、作品の完成まで責任をもって改定作業などを行える方。
  • こちらからの連絡に対しレスポンスが早い方。
  • 締め切りなどの期限を守れる方。

募集要項
【紡~つむぐ~】をテーマにした会話劇中心の短編作品を執筆していただきます。
「人生を紡ぐ」「心を紡ぐ」など、離れていたものが1つになっていくようなイメージで、色々な解釈ができるかと存じます。
お客さんが感動できる物語を紡いでいただければ幸いです。
  • 上演時間:15~18分以内
  • 出演人数:3~4名
    ※男性は1名まで。全員女性も可。

応募方法/選考方法
・氏名(ペンネーム可)
・年齢
・メールアドレスと電話番号
・作品のプロット
・写真(バストアップ、写メ可)
・シナリオ学校などに通っている、または通っていた場合はその経歴
を明記のうえ、
papkikaku@gmail.com
までメールにてご応募ください。

送付いただいたプロットを選考の題材とします。
締め切りから1週間以内に書類選考通過者にのみ二次選考(面接)のご連絡をします。

《二次選考・面接場所》
東京都中野近辺にて。
火・木曜18時以降(応相談)

上演予定
2024年5月に池袋周辺にて上演予定。

締め切り日
2023年9月24日(日)23:59まで

応募先メールアドレス
papkikaku@gmail.com

質問なども上記のメールアドレスまでご連絡ください。
たくさんのご応募、お待ちしております。



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第33回 新人シナリオコンクール/大伴昌司賞

新人シナリオコンクール (大伴昌司賞)/シナリオ作家協会
第33回 新人シナリオコンクール/大伴昌司賞
応募期間:2023年9月1日~9月30日 当日消印有効 [Web応募可]
新人シナリオコンクールとは
新人シナリオコンクールは、昭和26年、日本で最初のシナリオコンクールとして「新人映画シナリオコンクール」の名称で発足しました。その後、昭和37年に「新人テレビシナリオコンクール」が発足しましたが、平成3年に両コンクールが統合され、現在の「新人シナリオコンクール」として運営しております。平成23年度にはシナリオ講座の学内コンクールである「大伴昌司賞」が統合され、新たに「特別賞 大伴昌司賞」が設置されました。

大伴昌司賞とは
大伴昌司氏は、シナリオ研究所を卒業後、映像界で活躍されながら36歳の若さで夭折されました。その御母堂の故・四至本アイ氏の御意志により、1987年にシナリオ作家協会の後進育成事業参加者の作品を世に発表すべく創設された賞です。第24回までは学内コンクールとして運営し、井上由美子氏、武藤将吾氏、米村正二氏をはじめ、多くの作家を輩出してきました。前述の通り、2011年度より「新人シナリオコンクール」に統合されました。

入賞賞金
入選:100万円
大伴昌司賞(特別賞):100万円

※各入選作品が複数の場合は賞金を数篇に分割贈呈します。

応募資格
性別、年齢、職業を問いません。
ただし、興行として劇場公開された商業用映画シナリオ一本、または商業用の映像作品シナリオ合計二時間以上の執筆実績を持つ場合は資格外とします。

原稿枚数
90枚~125枚程度(規定の作品フォーマット)

作品について/応募規定
  • 未発表のオリジナル作品に限ります(同人誌発表作品は可)。シナリオコンクールに応募したことがある作品、あるいは応募中の作品は不可とします。
  • 1人1作品に限ります。1人で2作品以上応募した場合はいっさいの作品を失格とします。

応募方法について
オンライン、または郵送のいずれかで応募できます。
その他の方法での応募は受け付けません。
各応募方法の詳細は以下をお読みください。



    《オンラインでの応募の場合》
  1. 公式サイトの募集要項からダウンロードできる規定の「作品フォーマット」での提出のみ受け付けます。文字サイズ、フォントなど書式(スタイル)の変更は認めません。
  2. 枚数は規定のフォーマットで90~125枚程度とします。(表紙、登場人物表は枚数に含まれせん)
  3. フォーマットの表紙に「第33回新人シナリオコンクール応募作品」と朱記し、題名、作者名(ペンネーム)、作者名フリガナを明記し、2枚目以降に登場人物表、200字詰め原稿用紙換算で5枚程度のあらすじを付けてください。本文には頁番号を付記してください。
  4. 公式サイトの応募フォームに必要事項を明記してください。
    ※応募フォームは9月1日に公開されます。

【注意事項】
・作品投稿用フォームは別URLとなります。URLは個別に発行し、発行にはメールアドレスでの仮登録が必要です。
・発行URLはメールが送付されてから24時間経過後無効になりますので、時間内に投稿してください。なお発行後時間内であっても、9月30日23:59を越えた時点で投稿受付は終了します。
・URLの使用期限が切れてしまった場合でも、再度URLを仮登録ボタンから発行できますが、【投稿はお一人一回まで】の制限がありますので、投稿にはご注意ください。



    《郵送・発送での応募の場合》
  1. 枚数は200字詰め原稿用紙換算で180~250枚程度とします。
  2. 手書き原稿は、200字詰、ペン書きとすること。ワープロ原稿は、B5サイズ、罫線なし、20字×20行、縦書きとすること。
  3. 表紙に「第33回新人シナリオコンクール応募作品」と朱記し、題名、作者名(ペンネーム)、作者名フリガナを明記し、2枚目に氏名(本名)、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、略歴、職業、生年月日(西暦)を明記してください。
  4. 本文前に登場人物表、200字詰め原稿用紙換算で5枚程度のあらすじを付けてください。本文には頁番号を付記してください。
  5. 原稿は2箇所以上を紐で綴じてください。ホッチキス、クリップ留めを禁じます。
  6. 応募作品は2部お送りください(1部はコピー可)

《宛先》
〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-34-5 シナリオ会館2F
日本シナリオ作家協会 新人シナリオコンクール係


※応募作品は必ず配達が記録される方法(書留郵便等)でお送りください。それ以外は受け付けません。
※応募原稿はいっさい返却しません。
※応募前に誤字脱字、頁抜けのないことを確認してください。
※「応募原稿の書式見本」を公式サイトの募集要項からダウンロードすることができます。

応募期間
2023年9月1日~末日(当日消印有効)

結果発表
月刊「シナリオ」2024年3月号にて第一次審査結果、最終審査結果の発表時期をお知らせします。
※入選作品は月刊「シナリオ」に掲載予定。

選考
主催者が選定したコンクール審査委員が選考にあたります。

表彰
各入選者には、表彰状と賞金100万円を贈呈します。
各入選作品が複数の場合は賞金を数篇に分割贈呈します。

その他
  • 応募方法に関するお問い合わせは承りますが、選考方法、選考経過に関するお問い合わせはご遠慮ください。募集要項に変更がある場合は月刊「シナリオ」、または日本シナリオ作家協会のホームページにその旨を掲載します。必ず変更の有無を確認の上、ご応募ください。
  • 入賞作品の著作権は作者に帰属します。ただし、映像化権・出版権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含む)は主催者が2年間有するものとし、使用条件は作者と協議するものとします。
  • 応募者の個人情報は、当コンクールの選考、審査結果発表、入選者等への連絡および執筆依頼の目的で利用し、応募者の同意を得ずに審査委員以外の第三者に提供することはありません。詳細は当コンクールのプライバシーポリシーをご覧ください。

主催
一般社団法人シナリオ作家協会
協同組合日本シナリオ作家協会
一般社団法人映画演劇文化協会

協賛
東宝株式会社



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

TBS NEXT WRITERS CHALLENGE 2023

TBS NEXT WRITERS CHALLENGE 2023
TBS NEXT WRITERS CHALLENGE 2023
応募期間:2023年9月1日(金)~9月30日(土)23時59分まで [Web応募]
TBSが脚本家の発掘・育成を目的に過去6回にわたって行ってきた「TBS連ドラ・シナリオ大賞」が形を変え、生まれ変わり、新プロジェクトとして始動。
次世代を担う脚本家がここから誕生する。



入賞賞金
大賞(1名):300万円
優秀賞(数名):100万円
佳作(数名):50万円

《副賞》
①受賞者の中から1名以上は、受賞作品またはTBSの映像作品での脚本家デビューをお約束します。
②TBSが実施する「ライターズルーム」への参加資格が付与されます。

「ライターズルーム」とは
「ライターズルーム」とは、TBSが本プロジェクトの目的を達成するために受賞者の養成、企画開発、脚本の共同執筆等を実施する会議体をいいます。希望者は、ライターズルームのメンバーとしてTBSと6か月間の契約をしていただきます。その契約に基づき、メンバーには脚本開発支援金等を支給します。

    《活動内容》
  • メンバーは、TBSのドラマプロデューサーらによる特別講座の受講や、緑山スタジオ・ロケ現場での撮影現場見学などをしていただきます。
  • また、週に1回程度の頻度で企画開発会議(リモート可)に参加していただき、ドラマプロデューサーと共同で連続ドラマの企画開発や、脚本の執筆等にあたっていただきます。
  • このような育成プログラムのほか、TBSグループのクリエイターとのマッチング機会を設け、メンタリングやデビューの支援を行う計画です。
  • なお、各メンバーの関わる企画開発の進捗に応じて、契約期間の延長、または契約を更改する場合があります。

プロジェクトの目的
  • 日本国内のみならず、海外でも通用する脚本家の発掘。
  • ドラマに限らず、すべてのストーリーコンテンツの成長、業界の発展に寄与すること。
  • 当社のコンテンツクリエイティブにとって重要なパートナーとなり得る人材の育成。

求める人材
  • 上記「プロジェクトの目的」に賛同し、プロの脚本家として国内外の視聴者を魅了するコンテンツを創作する意欲と、目的を遂行するための強い意志を有する方。
  • ストーリーコンテンツの有する力を信じ、 社会にポジティブなメッセージを発信する志のある方。

応募資格
  1. 日本国内に居住し、日本語でコミュニケーションが取れる方。
  2. 未成年者の場合は、当社の求めに応じて所定の保護者同意書をご提出いただける方。
  3. 募集要項と応募規約の内容を理解し、遵守していただける方。

応募内容等
①連続ドラマ(60分×10話)の企画案(A4用紙3枚以内)
②連続ドラマ1話~10話の全体構成(A4用紙5枚以内)
③連続ドラマ1話の脚本(A4用紙20字×20行55枚以内)
※上記①~③(企画案・全体構成・脚本)を1つのデータにまとめて応募してください。
※ジャンル・テーマは自由です。
※提出ファイル形式のサンプルはこちらを確認してください。

注意事項/応募方法
下記注意事項を必ずお読みいただいた上で、ご応募ください。

    《応募作品について》
  • 応募作品は、応募者本人が創作したオリジナル作品に限ります。
  • 応募作品には、第三者の著作物を無断で利用しないでください。
  • 第三者を侮辱し、誹謗中傷し、またはその名誉を毀損するなど、第三者の権利を侵害する作品の応募については、固くお断りいたします。

    《応募方法等》
  • 郵送または持ち込みによる書類での応募は受け付けません。公式サイトによる所定のエントリーフォームからの応募のみとなります。(応募受付の開始は2023年9月1日から)
  • 未成年者の応募にあたっては、本人の保護者の同意が必要です。当社の求めに応じて、保護者同意書をご提出ください。

    《プロジェクト全般》
  • 本プロジェクトの内容・スケジュール等は、運営上の都合等により、予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 各選考の状況や選考結果に関する個別のお問い合わせには応じられません。選考結果は通過者のみにご連絡いたします。
  • 各選考の過程において、テレビ・Web・その他メディアによる取材が行われる場合があります。

    《著作権の帰属等》
  • 応募作品および受賞作品にかかる著作権は、応募者および受賞者に留保されるものとします。ただし、受賞者は、受賞作品を映像化することについての第一優先権をTBSに付与するものとします。
  • 受賞者は、当社の承諾を得ることなく、第三者に受賞作品の映像化等を許諾しないものとします。
  • 本プロジェクトは、受賞作品の映像化を約束するものではありません。
  • TBSは、本プロジェクトへの参加に関して応募者と第三者(本人が所属する学校等の団体を含みます)の間に生じたトラブルについて、一切の責任を負いません。
  • 本プロジェクトの目的に照らしてふさわしくない行動等があった場合または過去にそうした行動等があったことが判明した場合には、各選考の対象外となり、または受賞者としての地位(ライターズルームに参画する権利を含みます)を喪失する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

応募規約 等
ご応募前に下記の資料を必ずお読みください。

応募規約(PDF:255KB)
募集要項(PDF:325KB)
個人情報保護方針(PDF:201KB)

賞金
大賞(1名) 賞金 300万円
優秀賞(数名) 賞金 100万円
佳作(数名) 賞金 50万円
※受賞者は、確定申告が必要となる場合があります。
※なお、受賞者が配偶者控除その他の扶養控除の対象者である場合には、本年度は控除対象外となることがありますので、必要に応じて、税理士等の専門家にご相談ください。

審査方法
本プロジェクトの審査員で合議のうえ厳正に審査いたします。

プロジェクトのスケジュール
▼2023年9月1日~9月30日
応募期間

▼2023年10月~
選考期間

▼2023年12月頃
一次選考通過者の氏名および作品名発表

▼2024年1月頃
二次選考通過者の氏名および作品名発表

▼2024年2月頃
三次選考通過者の氏名および作品名発表/最終面接

▼2024年3月頃
大賞および佳作受賞者の氏名および作品名発表

▼2024年4月頃~9月頃
ライターズルーム



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

#週刊少年マガジン原作大賞

#週刊少年マガジン原作大賞
#週刊少年マガジン原作大賞
締切:2023年9月30日(土) 23:59 [Web応募]
未来の漫画原作者を発掘するべく、『ブルーロック』『進撃の巨人』『薫る花は凛と咲く』など多数の人気マンガ作品を抱える週刊少年マガジン編集部とnoteで、マンガの原作となる文章作品を募集するコンテスト「#週刊少年マガジン原作大賞」を開催します。

ストーリーを追うごとにどんどんおもしろくなっていく、エンターテインメント要素が抜群の作品を大募集。「マンガの原稿を描くのは敷居が高いけど、文字原作で自分のアイデアをマンガにしたい」という方は、ぜひご応募ください。

投稿は「連載部門」と「企画書部門」の2つの部門で募集します。アクションやファンタジー、ミステリーにラブコメディなどジャンルは問いません。どちらの部門も、ハッシュタグ「 #週刊少年マガジン原作大賞 」をつけて、文章形式でnoteに投稿された作品が審査の対象となります。受賞作品には週刊少年マガジン編集部の担当がつき、マンガ化および、『週刊少年マガジン』『別冊少年マガジン』『マガジンポケット』への掲載を目指します。

「#週刊少年マガジン原作大賞」募集要項(note公式)

入賞・入選
■大賞(連載部門のみ)
賞金50万円
週刊少年マガジン編集部の担当がつき、『週刊少年マガジン』『別冊少年マガジン』『マガジンポケット』いずれかにて連載を検討します。

■優秀賞(連載部門 / 企画書部門)
賞金10万円
週刊少年マガジン編集部の担当がつき、『マガジンポケット』にて連載を検討します。

■奨励賞(連載部門 / 企画書部門)
賞金1万円

応募資格
プロ、アマチュアなど、応募者の実績は問いません。

応募概要
■募集ジャンル:不問
■形式:漫画原作に適した日本語の文章であればどんな形式でもかまいません(例:脚本、 小説など。)

《部門》
①連載部門:連載作品の1〜3話を投稿ください。3話で完結している必要はありません。2話までしか投稿がないものは審査の対象外となります。

②企画書部門:連載作品の企画書を投稿ください。完結話数は問いません。

応募方法
①連載部門
投稿方法:あらすじと3話分の連載作品を、4つの記事にしてnoteに投稿してください。記事の内訳は次のとおりです。

・あらすじ(300字まで)と、第1話〜第3話のリンク
・第1話(10,000字まで)
・第2話(4,000字まで)
・第3話(4,000字まで)

※ハッシュタグ「#週刊少年マガジン原作大賞」と「#連載部門」をあらすじの記事にのみつけてください。
※投稿順序は問いません



②企画書部門
投稿方法:1つの記事に下記の要素をすべて記載し、ハッシュタグ「#週刊少年マガジン原作大賞」と「#企画書部門」をつけてnoteに投稿ください。

・キャッチコピー(1文で50字まで)
・あらすじ(300字まで)
・第1話のストーリー(1,000字まで)
・第2話以降のストーリー(3,000字まで)

※連載部門に応募される作品は、4話以降を投稿いただいても問題ありませんが、審査対象にはなりません。「あらすじ」記事には3話までのリンクを記載ください。
※応募の際は「無料」で公開してください。
※noteでの応募方法がわからない方は、投稿方法を画像付きでまとめた解説記事をご参照ください。

応募規定
  • 応募は、連載部門と企画書部門、合わせて1人3タイトルまでです。4タイトル以上応募された場合は、すべての応募作品を審査対象外とさせていただきます。このとき、連載部門は3話までのひと続きの連載作品を1タイトルと数えます。
  • プロ、アマチュアなど、応募者の実績は問いません。
  • 過去に、SNSや同人誌など個人で発表している作品の応募は可能です。
  • 過去に「note」に投稿した作品は、部門ごとの投稿方法に整えてから応募ください。応募規定に沿った投稿であれば、作品募集開始前の公開日の記事でご応募いただいても審査対象となります。
  • 過去に商業誌や商業サイト、書籍として発表済の作品は、選考対象外となります。
  • 過去に他のコンテストなどで受賞した作品で、商業誌や商業サイト、書籍として発表していない作品は審査対象です。
  • 応募作品の著作権はクリエイターに帰属します。
  • 著作権法を遵守した内容で投稿をお願いします。詳しくは「創作を後押しする著作権の考え方」をご確認ください。
  • 募集内容に関係がない応募記事のハッシュタグはnote運営側で外すことがあります。

審査委員
週刊少年マガジン編集部

コンテストスケジュール
《応募期間》
2023年8月1日(火)11:00 ~ 2023年9月30日(土)23:59

《中間発表》
2023年11月中旬予定

《結果発表》
2023年12月下旬予定

審査・受賞作品について
  • 審査基準、選考結果など審査に関するお問い合わせには応じることができませんので、あらかじめご了承ください。
  • 応募規定を守っていない作品は、選考の対象外となります。また、応募規定が守られていない場合に、こちらから個別にご連絡はいたしませんので、ご了承ください。
  • 応募は、第三者の著作権その他の権利を侵害したり、そのおそれがないと認められる作品に限ります。第三者から盗作等の指摘を受けた場合は、すべて応募者ご自身でご対応いただきます。
  • 利用規約または応募規定に違反していた場合には、審査後であっても受賞を取り消すことがあります。
  • 受賞者の発表は、記事および受賞者へのご連絡メールをもってかえさせていただきます。受賞確定日から14日以内にご連絡がつかない場合、受賞を取消しとさせていただきます。
  • 個人情報の取扱いは、株式会社講談社のプライバシーポリシー及びnote株式会社のプライバシーポリシーに従います。応募された方の個人情報は厳重に管理し、ご本人の承諾なく、本企画遂行以外の目的に利用することはありません。受賞作を連載作品としてマンガ化するかどうかは株式会社講談社が審査の上決定します。またその内容・手続きに関しましては、受賞後、別途受賞者と協議の上で決定させていただきます。18歳未満の方が受賞された場合、保護者の同意をいただきます。
  • 受賞作品にかかる著作権は受賞者に帰属します。ただし、クリエイターは受賞作品の利用に関して、株式会社講談社に優先交渉権を付与するものとします。『週刊少年マガジン』『別冊少年マガジン』『マガジンポケット』で連載作品としてマンガ化されることが決まった場合には、株式会社講談社と受賞者の間で別途契約を締結するものとします。
  • 受賞作品をマンガ化すること、ならびに『週刊少年マガジン』『別冊少年マガジン』『マガジンポケット』に掲載または電子書籍化するにあたって、その一部の変更をお願いする場合があります。また、作画担当者は受賞者と編集部が相談の上、決定します。
  • 受賞作品の発表・宣伝のため、受賞作品の使用については、株式会社講談社及びnote株式会社(以下、「運営2社」といいます)に無償で許諾いただくものとします。また、受賞作品がマンガ化された場合、受賞作品のマンガ化の発表・宣伝のため、受賞作品の書影の使用について運営2社に無償で許諾いただくものとします。



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

沖縄NICE映画祭 シナリオコンテスト

沖縄NICE映画祭 シナリオコンテスト
沖縄NICE映画祭 シナリオコンテスト
締切:2023年9月30日(土) [Web応募]
入賞賞金
大賞:賞金10万円
※優秀賞、副賞は調整中。

応募資格
性別・年齢・職業は問いません。
人の心を動かす物語を書きたい脚本家を目指している方。
そして、常識の枠を超えた驚きと感動創作に意欲のある方。

原稿枚数
30枚以上60枚以内(400字詰め原稿用紙)

テーマ
「沖縄という島を題材とした人間を描いた心動く物語であること」

上記のテーマに沿った脚本をご応募ください。
テーマの解釈は自由です。

応募方法/応募規定
下記の概要をご確認いただき、応募をお願いします。

■応募手数料の3000円(1作品につき)を指定の銀行口座にお振込ください。
※振込にかかる手数料はご負担くださいますようお願い申し上げます。
※指定の銀行振込口座は公式サイトの募集要項にある「応募フォーム」をご確認ください。
※お振込は応募者名と同じお名前でお振込ください。

《応募規定》
■400字詰め原稿用紙30枚以上60枚以内。(設定:縦20字×横20行)
・原稿用紙の1枚目にタイトル、お名前(ペンネーム可)、電話番号、メールアドレスを記載。
・原稿用紙の2枚目に主要な登場人物を10名まで記載。
・原稿用紙の3枚目に200文字以内の簡単なあらすじを書いてください(オチまで分かる内容でなくても大丈夫です)。
・原稿用紙の終わりには「終わり」と記入してください。
・完成した原稿はPDFにして、公式サイトの募集要項にある「応募フォーム」(Googleフォーム)からお送りください。
※容量が大きくて送れない場合はギガファイル便などのサービスを使って okinawanice@gmail.com まで送ってください。
※言語は日本語とすること。また、原稿はト書を入れたシナリオ形式とすること。
※小説及びシノプシス形式は不可となります。

応募期間
2023年6月1日から9月30日まで。

選考について
選考は脚本家チーム「air era story」が行います。

《大賞部門選考メンバー》
梶本恵美
佐野誠
田嶋久子

その他/注意事項
  1. 受賞作品の一切の著作権(著作権法第27条及び第28条に規定する権利を含む)は著者とWSTYELに帰属します。
  2. 郵送での応募原稿は一切受け付けません。
  3. 応募原稿は1人3篇までに限ります。
  4. 応募後の内容に関する変更は一切お受けできません。
  5. 選考に関する問い合わせはご遠慮ください。合わせて選考に関する問い合わせには一切お答えできません。
  6. 大賞・優秀賞作品以外には、賞金その他いかなる対価も支払われません。
  7. 作品を模倣し、第三者の権利を侵害している場合に発生した問題や損害の解決は、すべて応募者の責任となります。
  8. エントリー料は、運営費(賞金、審査料、審査員・受賞者の旅費、印刷等) の一部として使用させていただいております。
  9. 大賞を受賞された作品はできる限り映像化していきたいと思っておりますが、それらは確約できるものではなく、選考委員会の中の話し合いを持って決定になります。

個人情報の取り扱いについて
  1. 応募の際にご記入いただいた個人情報は、審査および本件に関連する諸連絡のために使用いたします。
  2. 個人情報の取り扱いについては公式サイトのプライバシーポリシーをご覧ください。



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第20回 坊っちゃん文学賞

坊っちゃん文学賞
第20回 坊っちゃん文学賞
締切:2023年9月30日(土) [Web応募可]
「坊っちゃん文学賞」は、市制100周年を機に、近代俳句の父・正岡子規を生み、明治の文豪・夏目漱石の小説『坊っちやん』に描かれた街という、松山市の豊かな文学的土壌を生かして、新しい青春文学の創造と本市の文化的なイメージを高め、全国にPRするため昭和63年に創設され、受賞後も活躍を続ける作家や、人気作品を生み出してきました。
令和という新しい時代の幕開けと共に「ショートショート」の文学賞にリニューアルした第16回坊っちゃん文学賞では、5,628点、第17回では9,318点、第18回では6,952点、第19回では7,026点と多数のご応募をいただき、大きな盛り上がりをみせています。

ここはあなたの「文学の入り口」です。
アイデアとそれを生かした印象的な結末のあるショートショートの応募をお待ちしています。

入賞賞金
大賞(1名):50万円
佳作(5名):10万円

応募資格
年齢、職業、国籍、プロ・アマは問いません。

募集作品
  • 4,000字以内のショートショートを募集します。
  • テーマは問いません。あなたの想像力を作品に生かしてください。
  • 日本語で書かれ、未発表で筆者自身のオリジナルな作品に限ります。

応募方法/募集締切
《インターネットで応募する場合》
2023年9月30日(土)23時59分までに、公式サイトにある応募フォームから、応募してください。



《郵送で応募する場合》
2023年9月30日(土)(必着)までに、作品タイトル、著者名(公開可能な名前)、本名、生年月日、職業、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス(あれば)、賞を知った経緯、過去の坊っちゃん文学賞応募の有無を書いて、下記住所へお送りください。

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-12-8-2F
パシフィックボイス「第20回坊っちゃん文学賞」係


応募原稿の体裁、書式、縦書き、横書きは自由です。

審査員
《審査員長》
田丸雅智(小説家、ショートショート作家)

《審査員》
山戸結希(映画監督)
大原さやか(声優、ナレーター)

審査員長からのメッセージ
ショートショートとは、簡単に言うと「短くて不思議な物語」、もっと言うと「アイデアと、それを活かした印象的な結末のある物語」です。
短くてすぐに読め、書く時間も長くはかからないショートショートは、読み手としても書き手としても、小説世界への入口になりうるジャンルです。ぜひ気軽な気持ちで、楽しみながら、ご応募いただければと思います。
「ことばと文学のまち松山」にて、素敵な作品と出会えることを楽しみにしています。
ショートショート作家 田丸雅智

アンバサダー
白濱 亜嵐

発表/表彰式
  • 結果発表と表彰式は令和6年1月を予定しています。
  • 最終審査を通過した作品の作者へは直接通知します。
  • 受賞者は表彰式にご出席ください(旅費は松山市が負担します)。
  • 報道機関からの写真撮影やインタビューへのご協力をお願いします。
  • 大賞作品は雑誌「ダ・ヴィンチ」に掲載します。

注意事項
  • 1人で何作品でも応募できます。
  • 応募作品は返却しません。
  • 大賞、佳作受賞作品の著作権は松山市に帰属します。
  • 選考に関するお問い合わせには応じられませんのでご了承ください。
  • これまでにWEB上へ掲載したことがある作品は未発表とはみなしません。
  • 作品に個人情報や実在の企業名等を使用することや、他の文学賞などへの二重投稿はご遠慮ください。



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
アクセス数が多いページ
スマホ版サイト
締め切り月別検索
脚本術と創作の参考書
映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し


映画『怪物』 脚本:坂元裕二
オリジナルシナリオブック

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術


脚本を書くための101の習慣

対立・葛藤類語辞典 上巻
対立・葛藤類語辞典 上巻


ストーリーの解剖学


人気海外ドラマの法則21


鬼の筆/戦後最大の脚本家・
橋本忍の栄光と挫折
SNS(X / Bluesky)
サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣東映
 ┣TSUTAYA
 ┣JIMCA
 ┣TOKYO FM
 ┣劇団NLT
 ┣人間座
 ┗PAP企画
 ┣Hulu
 ┣AbemaTV
 ┣講談社
 ┣集英社
 ┣松山市
 ┣学研
 ┣AFJ
 ┣TapNovel
 ┣note
 ┣文芸社
サイト内検索