シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募情報をまとめた、シナリオライター・脚本家・作家・映画監督・漫画原作者などを目指す人向けのサイトです。
映画、TVドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、絵本、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイド。
X(旧Twitter)Blueskyでは、募集中のコンクールや審査結果、脚本術、作家の話題、ドラマ・映画関連情報、創作ネタなどを投稿しています。

第7回「ミツバチの絵本コンクール」ストーリー部門

第7回「ミツバチの絵本コンクール」 ストーリー部門
「ミツバチの絵本コンクール」
第7回「ミツバチの絵本コンクール」ストーリー部門
締切:2023年9月11日(月) 消印有効 [メール応募可]
ミツバチやはちみつをテーマに「自然環境の大切さ」「社会とのつながり」「生命の尊さ」を表現した、絵本のストーリー作品を募集します。
まず絵本のストーリー作品を募集します。最優秀賞に選ばれたストーリー作品の内容にあわせてイラストを描いて応募していただく2段階形式のコンクールです。ストーリー部門、イラスト(さし絵)部門の最優秀作品は、1冊の絵本となり、「みつばち文庫」として全国の小学校にお届けします。
まずは、絵本のストーリー部門にふるってご参加ください。

趣旨
社会性昆虫であるミツバチは、集団の中の一員として働き、共に助け合う仲間がいることと、共生する自然環境があればこそ生きてゆくことができます。
社会性生物である人間も、社会とどう関わってゆくかが幸福感に大きな影響を与えると言われています。
また、受粉を通して自然界に大きく貢献しているミツバチは、複雑に繋がり合った生態系の素晴らしさを、私たちに教えてくれます。 さらに、ミツバチの生産物は「はちみつ」や「ローヤルゼリー」など全て、私たちの健康に関わるものばかりです。
このような考えのもと、私たちは、ミツバチをテーマにして「自然環境の大切さ」「社会とのつながり」「生命の尊さ」を表現した作品を募集いたします。

入賞賞金
【一般の部(中学生以上)】
最優秀賞(1作品):賞金30万円、賞品
優秀賞(1作品):賞金15万円、賞品
佳作(3作品):賞品

【子どもの部】
最優秀賞(1作品):図書カード5万円、賞品
優秀賞(1作品):図書カード3万円、賞品
佳作(3作品):賞品

※応募された方全員に、記念品を進呈します。

応募資格
【子どもの部】 小学生以下
【一般の部】 中学生以上

年齢制限なし。
プロ・アマ問わず。

ストーリー部門 募集内容
ミツバチやはちみつをテーマに、「自然環境の大切さ」「社会とのつながり」「生命の尊さ」を表現した絵本のストーリーを募集します。
  • 見開き10場面~15場面を想定した絵本のストーリー原稿
  • 文字数1,200字以内(タイトルや氏名は応募の文字数に含みません)
  • 未発表のオリジナル作品に限る
    (同人誌、ホームページに掲載したものは発表済みとみなします)

ストーリー部門の応募原稿について
  • 見開きで10~15場面を想定した絵本のストーリー原稿。
  • 文字数1200字以内(タイトルや氏名は応募の文字数に含みません)。
  • パソコン、ワープロによる字詰めは自由です。ただし手書きを含めて用紙はA4サイズを使用。
  • 原稿の1行目に作品タイトル、2行目にお名前(本名)と年齢を記入してください。文章は3行目から書き始めてください。(表紙は不要)
  • 場面ごとに①~⑮までの通し番号を、書き出し文の頭に記載。

応募方法
公式サイトの応募要項からダウンロードした応募用紙、またはご用意いただいた用紙に必要事項を記載して必ず作品に同封のうえご応募ください。(1作品につき1枚)
※応募用紙のダウンロードができない場合は、ご用意いただいた用紙に、公式サイトの募集要項にある《必要事項》を記載して作品に同封の上ご応募ください。
※ご応募の前に、必ず「応募に関する注意事項」をご確認ください。

【応募に関する注意事項】
●FAXでの応募はお受けできません。
●作品は返却いたしません。原本が手元に必要な方はコピーをお送り下さい。
●作品の到着連絡は行いません。宅配便、ゆうパック、簡易書留など、追跡サービスをご利用できる発送方法をおすすめします。
●受付後、作品の修正はお受けできません。
●審査についてのお問い合わせにはお答えできません。
●同じ作品で他のコンクールへの二重応募はご遠慮ください。
●応募された作品を同人誌、ホームページに無断で掲載することはできません。
●主催者は作品送付中に被った紛失、破損に対してはいかなる責任も負いません。



■Eメールでのご応募について
メールでの応募の場合、Wordまたはテキスト文書にて作成し、《必要事項》をメール本文にご記入の上、添付ファイルで下記のメールアドレスへ送信してください。
Wordまたはテキスト文書以外でのデータは受け付けることができません

【応募先メールアドレス】
contest@yamada-bee.com


《必要事項》
①作品タイトル
②郵便番号
③ご住所
④お名前(フリガナ)
⑤電話番号
⑥メールアドレス(あれば)
⑦性別
⑧生年月日
⑨職業(学生の方は学年)
⑩このコンクールを何でお知りになったか(●月▲日××新聞など)
⑪応募規定及び著作権等に関して同意する旨を記入し、署名または捺印
(メールで応募の場合は、署名・捺印は不要です)

作品の応募先
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-19-15 第3三ツ矢ビル8F
「ミツバチの絵本コンクール」事務局(TMS内)


発表/表彰
《ストーリー部門》
2023年11月予定

《イラスト(さし絵)部門》
2024年3月下旬予定

入賞作品は当WEBページおよび朝日小学生新聞にて発表いたします。
入賞された方のみ事務局よりご連絡いたします。
なお、落選された方への個別連絡はいたしませんのでご了承ください。

著作権等について
  • 応募作品の所有権ならびに受賞作品の著作権(著作権法27条、28条の権利を含みます)は主催者に帰属するものとし、応募者は著作人格権を行使しないことを前提とします。
  • 応募いただいたすべての作品(作品のタイトルや文言を含みます)の一部又は全てを複製、上映、展示及び出版や山田養蜂場の広告、商品パッケージその他の用途で、山田養蜂場又は山田養蜂場が指名する者が無償で利用させていただきます。
  • 作品(内容を改編したものや要約したものも含む)に、氏名を掲載して公表する場合がございます。
  • 応募作品のサイズ、色合い、構成、文言、テーマ、名称その他の表現を編集(文章の要約を含む)させていただく場合がございます。
  • 作品は、応募者本人が創作した未発表のもので、他に同一・類似作品がないもの、第三者の著作権、肖像権その他の権利を侵害しないもの、またはそのおそれがないものに限ります。また、著作権その他権利侵害等の責任が問われた場合、山田養蜂場はその責を一切負わず全て応募者の責任において対処していただきます。その際には、審査結果発表後であっても入賞を取り消し、賞金もご返却いただきます。

絵本のストーリー作りのヒント
はじめて絵本のストーリーを書いてみようという方向けに、いくつかヒントをあげました。慣れた方には、必ずしも当てはまらないものもありますが、作品作りの参考になさってください。

①世界観を考えよう
ファンタジーものや冒険をするお話など、いつもよんでいる大好きな本の物語をイメージすると考えやすいです。

②キャラクター作り
つぎはキャラクター(登場人物)を作ります。元気いっぱいの主人公や物語に登場する動物など、いろんなキャラクターを考えます。

③ストーリー作り
最後にストーリーです。始まりから終わりまでを簡単に考えます。頭のなかで浮かんだ言葉を紙に書いてまとめたら、物語を作りましょう。

  • 読者に短い文章でたくさんのメッセージを理解させるのは困難です。欲張らず、子どもたちに何を伝えたいか中心となるテーマは絞りましょう。
  • 絵本のイメージと登場人物が浮かんだら、ストーリーを書き始める前に、起承転結で全体の構成を考えてみると書きやすくなります。
  • 童話とちがって絵本は「絵と文」で表現するジャンルの本です。各ページの場面の絵を自分なりにイメージしながら考えましょう。
  • 絵本は絵があるとはいえ、場面説明を省くと分かりづらくなります。だれが、いつ、どこで、なぜ、なにをしているのか(5W1H)の情報は押さえておきましょう。
  • 短い言葉や文で表現することを意識しましょう。着飾った表現よりも、いかに伝わりやすく、読みやすく平易な文で表現することが大事です。
  • オノマトペ(擬音語・擬態語)や比喩表現を工夫しましょう。子どもにとって絵本は「経験」。音を聞いたとき、自分でその音を出したときの口の動きは、とても楽しく印象に残ります。

▶「ミツバチの絵本コンクール」よくある質問と回答



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
アクセス数が多いページ
スマホ版サイト
締め切り月別検索
脚本術と創作の参考書
映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し


映画『怪物』 脚本:坂元裕二
オリジナルシナリオブック


ドラマ『それでも、生きてゆく』
脚本:坂元裕二 シナリオブック

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術


脚本を書くための101の習慣

対立・葛藤類語辞典 上巻
対立・葛藤類語辞典 上巻


ストーリーの解剖学


人気海外ドラマの法則21


鬼の筆/戦後最大の脚本家・
橋本忍の栄光と挫折
SNS(X / Bluesky)
サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣東映
 ┣TSUTAYA
 ┣JIMCA
 ┣TOKYO FM
 ┣劇団NLT
 ┣人間座
 ┗PAP企画
 ┣Hulu
 ┣AbemaTV
 ┣講談社
 ┣集英社
 ┣松山市
 ┣学研
 ┣AFJ
 ┣TapNovel
 ┣note
 ┣文芸社
サイト内検索