シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募情報をまとめた、シナリオライター・脚本家・作家・映画監督・漫画原作者などを目指す人向けのサイトです。
映画、TVドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、絵本、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイド。
X(旧Twitter)Blueskyでは、募集中のコンクールや審査結果、脚本術、作家の話題、ドラマ・映画関連情報、創作ネタなどを投稿しています。

AbemaTV NEXT CREATOR'S COMPETITION

AbemaTV NEXT CREATOR'S COMPETITION
AbemaTV「NEXT CREATOR'S COMPETITION」
シナリオライター賞

締切:2017年10月10日(火) 当日24時まで
※2次募集を新たに9月15日(金)~10月10日(火)まで追加実施。
入賞賞金
大賞(1名) 500万円+AbemaTVのオリジナルドラマにて映像化予定
優秀賞(数名) 各100万円
※優秀賞の受賞人数は応募状況により変動します。

概要
「NEXT CREATOR'S COMPETITION」は、「AbemaTV」が次世代の才能を発掘することを目的として開催するもので、「AbemaTV」での番組放送や作品化を前提として、これをきっかけに若い世代の才能ある人材を発掘し、広く表現、発表する場を提供することを目指しています。
今回はその第1弾「シナリオライター賞」として、脚本家に焦点をあてオリジナルドラマの脚本を募集いたします。

応募資格
  • 年齢35歳以下(2018年3月31日時点) 応募年齢制限なしに変更
  • プロの脚本家を目指している方
  • 大賞及び優秀賞を受賞の際、「AbemaTVオリジナルドラマ」としての脚本開発にご参加可能な方
原稿枚数
作品企画書のプロット10枚(1次選考)

募集テーマ
10~20代の女性を熱狂させる恋愛ドラマ
※8話程度の連続ドラマを想定。

応募規定/1次選考応募方法
公式サイトの専用のエントリーフォームから必要事項を記載の上、以下4点の応募データを添付してご応募ください。
※4点の応募データは1フォルダへまとめてzip形式で圧縮してください。
※応募データフォルダ名は、半角ローマ字表記にて、以下のように記入をお願いします。
例(アベマ太郎の応募データ場合):taro_abema
  1. 作品企画書 【A4サイズ 1枚】
    ・書式自由、手書き不可。
    ・Word、PowerPoint、Keynote、Pages等で作成し、PDF化したデータ。(閲覧時の文字化けを防ぐためにPDF化必須になります)

  2. あらすじ 【A4サイズ 1枚(800文字以内)】
    ・書式自由、手書き不可。
    ・キャッチコピー等を記載いただいても構いません。
    ・Word、PowerPoint、Keynote、Pages等で作成し、PDF化したデータ。(閲覧時の文字化けを防ぐためにPDF化必須になります)

  3. 作品情報 【A4サイズ 2枚】
    ・1ページ目:作品タイトルのみ記載
    ・2ページ目:登場人物名と簡単なキャラクター概要を記載
    ・横書き
    ・フォントはMS明朝
    ・Word形式

  4. プロット 【A4サイズ 10枚】
    ・横書き
    ・フォントはMS明朝
    ・各ページにページ番号を記載
    ※ページ順に不備がないようにご注意ください。
選考
※2017年9月15日に審査スケジュールが変更になりました。
※2017年12月6日にさらに一部変更になりました。
  • 1次選考:9月上旬より順次開始
    ▶作品の世界観から「視点力」を審査。
    1次選考通過の方には、本運営事務局より個別にご連絡をさせていただきます。
  • 2次選考:10月下旬~11月下旬 2018年1月下旬~2月下旬
    ▶約3週間で脚本作成し、実践式で「構成力」を審査。
  • 最終審査:11月下旬~12月上旬 2018年3月上旬~3月中旬
    ▶審査員による厳正な最終選考。
  • 大賞発表:12月上旬 2018年3月末(予定)
賞金/受賞特典
大賞(1名):賞金 500万円、2018年度内にAbemaTVのオリジナルドラマにて映像化予定。
優秀賞(数名):各100万円を贈呈。
※優秀賞の受賞人数は応募状況により変動します。
※受賞された場合は、企画開発会議への参加やリサーチ、脚本制作などにも全面的に参加協力いただきますので、その旨をご了承いただいた上でご応募ください。

その他/注意事項
  1. 受賞作品の一切の「著作権」及びオリジナルドラマ、映画等の「映像化権」はすべてAbemaTVに帰属し、映像化に際して脚本の補訂及び改定をする場合があります。
  2. 応募作品データは一切返却できません。
  3. 応募者の個人情報は、[1] 応募確認連絡、[2]1次審査及び2次審査発表、最終選考大賞作品発表 、受賞のご連絡・発表の目的にのみ利用し、選考委員以外の第三者に提供することは一切ありません。個人情報の開示・改定等のご請求やお問い合わせに関しては「AbemaTV NEXT CREATOR’S COMPETITION 事務局」までご連絡ください。
  4. 選考内容、審査状況及び結果に関するお問い合わせには一切応じられません。
  5. 未成年の方は応募時に、両親の同意を得た上でご応募ください。
  6. 自身のオリジナルであり、第三者の脚本を引用または真似・コピー、転載等の作品は受賞対象外とさせていただきます。
審査員
藤田 晋(株式会社AbemaTV 代表取締役社長)

宅間 孝行(脚本家・監督・俳優)
代表作:テレビドラマ「花より男子」シリーズ(脚本)

吉田 恵里香(脚本家)
代表作:映画『ヒロイン失格』

山戸 結希(映画監督)
代表作:映画『溺れるナイフ』

井上 聖司(脚本家)
代表作:テレビドラマ「せいせいするほど、愛してる」

鈴木 おさむ(放送作家)

主催
株式会社AbemaTV

応募先
公式サイトの専用のエントリーフォームから必要事項を記載の上、応募規定にある4点の応募データを添付してご応募ください。

公式サイトの募集要項を見る


『それでも、生きてゆく』
坂元裕二 シナリオブック


当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

月刊シナリオ 2017年 10月号 (9月4日発売)

月刊シナリオ 2017年 10月号

月刊シナリオ 2017年 10月号

掲載シナリオ
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
脚本:斉藤ひろし
監督:廣木隆一
原作:東野圭吾
出演:山田涼介 西田敏行 村上虹郎 寛一郎 林遣都 成海璃子 門脇麦 萩原聖人

《作品について》
東野圭吾の同名ベストセラー小説を、「Hey! Say! JUMP」の山田涼介と名優・西田敏行の共演で実写映画化。過去と現在が繋がる不思議な雑貨店を舞台に、現実に背を向けて生きてきた青年と悩み相談を請け負う雑貨店主の時空を超えた交流を描く。2012年。養護施設出身の敦也は、幼なじみの翔太や幸平と悪事を働いて1軒の廃屋に逃げ込む。そこは、かつて町の人々から悩み相談を受けていた「ナミヤ雑貨店」だった。現在はもう廃業しているはずの店内で一夜を過ごすことに決める3人だったが、深夜、シャッターの郵便受けに何かが投げ込まれたことに気づく。投げ込まれていたのは1980年に書かれた悩み相談の手紙で、敦也たちは戸惑いながらも、当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くことに。やがて、この雑貨店と浪矢の意外な秘密が明らかになり……。監督は「余命1ヶ月の花嫁」の廣木隆一。

▶インタビュー
斉藤ひろし
どんなに労力をつぎ込んでも、疲れない作品ってある。これはやって楽しかった。



『月と雷』
脚本:本調有香
監督:安藤尋
原作:角田光代
出演:初音映莉子 高良健吾 藤井武美 黒田大輔 市川由衣 村上淳 木場勝己 草刈民代

《作品について》
直木賞作家・角田光代の同名小説を「海を感じる時」の安藤尋監督のメガホンで映画化。子どもの頃に母が家出したため、普通の家庭を知らぬまま大人になった泰子。スーパーのレジ打ちの仕事をしながら、家と仕事場を往復する毎日を過ごしていた。婚約者もでき、亡くなった父が残してくれた持ち家で暮らす日々は、大きな喜びこそないが小さな不幸もない、穏やかな生活だ。泰子のそんな静かな日々が、父の愛人の息子・智が現れたことで、大きく揺らいでいく。泰子役を初音映莉子、智役を高良健吾、智の母親で泰子の父親の愛人だった直子役を草刈民代がそれぞれ演じる。



『花を喰う蟲』(1967年)
脚本:中島丈博
監督:西村昭五郎
原作:黒岩重吾
出演:二谷英明 太地喜和子 郷䟽治 花ノ本寿 月丘千秋 太田雅子 小高雄二 清水将夫

《作品について》
「週刊新潮」に連載された黒岩重吾の同名原作を、「あゝ君が愛」の中島丈博が脚色し、「青春の海(1967)」の西村昭五郎が監督した風俗ドラマ。撮影は新人安藤庄平。

連載
佐伯俊道
終生娯楽派の戯言
第60回 コンプライアンスなんぞ、どこ吹く風
〜NHKにはこんな傑物たちもいたのです〜

モルモット吉田
シナリオ評/「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

三宅直子 シナリオセミナー
シナリオ通信講座/誌上講座
作者だけが知っている

情報
シナリオボックス

《作家通信》
足立紳
島田元
東條政利
長谷川隆
二宮健
横幕智裕

シナリオ倶楽部新聞

第27回 新人シナリオコンクール
特別賞 大伴昌司賞 作品募集

月刊シナリオ 2017年 10月号


『それでも、生きてゆく』
坂元裕二 シナリオブック


当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
アクセス数が多いページ
スマホ版サイト
締め切り月別検索
脚本術と創作の参考書

ドラマ『それでも、生きてゆく』
脚本:坂元裕二 シナリオブック


映画『怪物』 脚本:坂元裕二
オリジナルシナリオブック

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術


脚本を書くための101の習慣

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

対立・葛藤類語辞典 上巻
対立・葛藤類語辞典 上巻


ストーリーの解剖学


人気海外ドラマの法則21
SNS(X / Bluesky)
サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣東映
 ┣TSUTAYA
 ┣JIMCA
 ┣TOKYO FM
 ┣劇団NLT
 ┣人間座
 ┗PAP企画
 ┣Hulu
 ┣AbemaTV
 ┣講談社
 ┣集英社
 ┣松山市
 ┣学研
 ┣AFJ
 ┣TapNovel
 ┣note
 ┣文芸社
サイト内検索