シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募情報をまとめた、シナリオライター・脚本家・作家・映画監督・漫画原作者などを目指す人向けのサイトです。
映画、TVドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、絵本、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイド。
X(旧Twitter)Blueskyでは、募集中のコンクールや審査結果、脚本術、作家の話題、ドラマ・映画関連情報、創作ネタなどを投稿しています。

月刊シナリオ 2020年 3月号 (2月3日発売)

月刊シナリオ 2020年 3月号

月刊シナリオ 2020年 3月号

掲載シナリオ
『グッドバイ 嘘からはじまる人生劇場』
脚本:奥寺佐渡子
監督:成島出
出演:大泉洋 小池栄子 水川あさみ 橋本愛 緒川たまき 木村多江 戸田恵子 濱田岳 松重豊

《作品について》
太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」をケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点を交えたスクリューボールコメディとして「グッドバイ」のタイトルで戯曲化、演出した舞台を大泉洋、小池栄子主演で映画化。戦後の復興期、文芸雑誌の編集長・田島周二は何人もの愛人を抱えていた。さすがにこのままではまずいと思った田島は彼女たちと別れる決心を固めるが、愛人たちを前にすると優柔不断な性格が災いし、別れを切り出すことが出来ずにいた。困り果てた田島は、ガサツで金に金にがめつい担ぎ屋・キヌ子に女房を演じてくれと頼み込む。しかし、泥だらけの顔を洗ったキヌ子は誰もが振り返る美しい女性だった。大泉が田島役を、小池が舞台版でも演じたキヌ子役をそれぞれ演じるほか、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊らが顔をそろえる。監督は「八日目の蝉」「ソロモンの偽証」の成島出。

▶作者ノート・短評・解説
奥寺佐渡子  「グッドバイ」
横幕智裕  「グッドバイ」



『凪の海』
脚本:いながききよたか
監督:早川大介
出演:永岡祐 小園優 柳英里紗 湯澤俊典 外波山文明

▶短評・解説
小嶋健作  「凪の海」



『秘花』
(1971年公開)
脚本:出口出(足立正生 荒井晴彦)
監督:若松孝二
出演:立原流海 矢島宏 吉沢健 横山リエ

▶短評・解説
高間賢治 「秘花」

新連載
■映画館ケンミンショー
加藤正人 塩田千種 西岡琢也 港岳彦

連載
■室井滋
〜室井滋が訪ねる シナリオ作家の秘密基地(2)〜
<ゲスト>いながききよたか
(レポート:西岡琢也)

■戸田学
〜それをいっちゃあ、おしまいよ 戸田学の映画雑録〜(3)

■向井康介
〜3人3色diary(3)

■伊野孝行
〜僕の映画館は家から5分〜(3)

■滝沢一
〜山上伊太郎研究〜(3)

書評
井土紀州
「藤森照信のクラシック映画館」

シナリオセミナー シナリオ通信講座/誌上講座
塩田千種
ドラマにおける「葛藤」とは

コンクール
第29回新人シナリオコンクール
第1次審査発表

月刊シナリオ 2020年 3月号


『それでも、生きてゆく』
坂元裕二 シナリオブック


当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

月刊ドラマ 2020年 2月号 (1月18日発売)

月刊ドラマ 2020年 2月号

月刊ドラマ 2020年 2月号

シナリオ特集
『相棒 season18』
テレビ朝日系 水曜よる9時〜放送

スタート以来、一貫して脚本のクオリティを重視して制作されている人気ドラマ『相棒』。
現在放送中の最新シリーズから、3編の脚本を掲載。
脚本家のコメント『作者ノート』も合わせて掲載。

《掲載シナリオ》
輿水泰弘『アレスの進撃』
(第1話 2019年10月9日放送)

輿水泰弘『アレスの進撃〜最終決戦』
(第2話 2019年10月16日放送)

斉藤陽子『ご縁』
(第7話 2019年11月27日放送)


インタビュー
#テレ東ドラマシナリオ「note連動ドラマ新企画」とは?

テレビ東京では、2020年1月期の月曜深夜に、メディアプラットフォーム“note”とのコラボレーションによる連続ドラマを放送している。
2019年11月に放送された実験ドラマ『知らない人んち(仮)〜あなたのアイデア、来週放送されます」に続く新企画で、note上で「テレ東で観たいドラマ」を100文字で募集、採用された3つのアイデアを基に広く脚本を募り、選ばれた作品をベースに、作家、テレビ東京とnoteのクリエイター陣による会議で撮影に使用する脚本を作り上げ、撮影→編集→放送まで短期間で行うという。
今回のチャレンジングな取り組みについて、プロデューサー・太田勇氏(テレビ東京)にお話を伺う。

発表
聖教新聞presents TBSラジオ「ラジオシアター〜文学の扉」
第2回 ラジオドラマ脚色大賞 受賞作決定


TBSラジオほか全国7局ネットで放送中「聖教新聞presents ラジオシアター〜文学の扉」にて、課題作品・夏目漱石『吾輩は猫である』で募集した『第2回 ラジオドラマ脚色大賞』は、応募総数104編から審査の結果、大賞1編、優秀賞3編を選出。ラジオドラマ化され(出演:中嶋朋子 今井朋彦)、昨年12月、放送された。  今号では、大賞受賞作・こたつめがね「人間のような猫の本」と、審査に当たった、脚本家(北阪昌人氏、横山一真氏)・番組スタッフの選評、受賞者のコメント「受賞の言葉」を掲載。

《掲載シナリオ》
大賞受賞作
こたつめがね「人間のような猫の本」


連載
◆北阪昌人の RADIO DAYS(10)
ラジオドラマ脚本の第一人者としての日々の雑感など綴るパートと、ラジオドラマ脚本の誌上講座「3分でわかるラジオドラマ実践図解講座」の2部構成で、ラジオドラマを創る楽しさを紹介していく。

◆こうたきてつや(日大名誉教授)/平成ドラマ史への覚書〈一九八五〜二〇一五年〉(11)
「平成」時代にどんな作家が、どんなドラマを描いてきたのか? 平成ドラマの軌跡を辿る。今回は「平成ドラマの潮流(2)《一九九〇〜九四》」。

◆山岡潤平『そのアドリブ、おもろいと思てんの身内だけやぞ!!』(2)
脚本家4氏が月替わりで執筆するエッセイ。今回は、テレビドラマ、映画の脚本を多数手がける山岡潤平氏が、脚本家を目指す上で精神面(メンタル)をどうコントロールするかについて、私見を綴る。

◆放作協通信(88)
一般社団法人 日本放送作家協会の最新情報を伝える広報ページ。 今回も日本放送作家協会創立60周年記念特集と題し、今 春創立5周年を迎える「東京作家大学」(東作大)が新たに開校する横浜校と大宮校について、さらだたまこ理事長が紹介する。

ドラマ評
◆古崎康成『'19年10月期のテレビドラマ』
2019年10月から12月末に放送されたテレビドラマ作品から、テレビドラマ研究家の筆者が印象に残った作品を取り上げ、脚本面から批評する。

シナリオ公募情報
(受賞作決定)
函館港イルミナシオン映画祭 第23回シナリオ大賞
シナリオ・センター大阪校 5枚シナリオコンクール

(募集要項)
映画製作者発掘プロジェクト「感動シネマアワード」
第32回 フジテレビヤングシナリオ大賞

ライター掲示板
池谷雅夫
開沼豊
柏田道夫
福田裕子
藤川桂介
待田堂子
吉川英梨

情報/トピックスコーナー
文化庁芸術祭受賞作発表
『トクサツガガガ』制作者に聞くトークイベント開催

オーディオドラマコーナー

月刊ドラマ 2020年 2月号


『それでも、生きてゆく』
坂元裕二 シナリオブック


当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
アクセス数が多いページ
スマホ版サイト
締め切り月別検索
脚本術と創作の参考書

ドラマ『それでも、生きてゆく』
脚本:坂元裕二 シナリオブック


映画『怪物』 脚本:坂元裕二
オリジナルシナリオブック

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術


脚本を書くための101の習慣

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

対立・葛藤類語辞典 上巻
対立・葛藤類語辞典 上巻


ストーリーの解剖学


人気海外ドラマの法則21
SNS(X / Bluesky)
サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣東映
 ┣TSUTAYA
 ┣JIMCA
 ┣TOKYO FM
 ┣劇団NLT
 ┣人間座
 ┗PAP企画
 ┣Hulu
 ┣AbemaTV
 ┣講談社
 ┣集英社
 ┣松山市
 ┣学研
 ┣AFJ
 ┣TapNovel
 ┣note
 ┣文芸社
サイト内検索