シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募情報をまとめた、シナリオライター・脚本家・作家・映画監督・漫画原作者などを目指す人向けのサイトです。
映画、TVドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、絵本、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイド。
X(旧Twitter)Blueskyでは、募集中のコンクールや審査結果、脚本術、作家の話題、ドラマ・映画関連情報、創作ネタなどを投稿しています。

第29回 劇作家協会新人戯曲賞

劇作家協会新人戯曲賞/日本劇作家協会
第29回 劇作家協会新人戯曲賞
応募受付期間:2023年6月1日(木)~7月3日(月) 消印有効
劇作家協会新人戯曲賞について
演劇界の未来を担う才能の道を拓くことを期し、1995年に生まれた劇作家協会新人戯曲賞。
1次審査から最終審査まで、審査員はすべて劇作家。劇作家が運営し、劇作家が選ぶ戯曲賞です。
受賞作と最終候補作を全文収録した『優秀新人戯曲集』(ブロンズ新社)の刊行を予定。

入賞賞金
劇作家協会新人戯曲賞1編
正賞=時計 副賞=賞金50万円
(他の最終候補作者にも記念品贈呈)

応募資格
不問(自らを新人と思う者)

原稿枚数
250枚程度を上限(400字詰め原稿用紙換算)

応募規定
  • 1人1作品。
  • 2022年7月1日から2023年6月30日までに、日本語で書かれた作品で、書籍あるいは雑誌に未発表のもの。
  • 上演済み作品も応募可。
  • 同作品の、同時期の他の戯曲賞との重複応募は不可。
  • 過去に他の戯曲賞の佳作以上を受賞した作品は、手直しをしていても不可。
  • 互いの了解が取れていれば共同執筆作も応募可。
  • 外国語で書かれた戯曲の和訳は不可。
  • 原作のあるものの脚色は不可。
  • 他の戯曲・小説・映画など著作物の一部を使用する場合は、作品名と使用箇所を明記し、原著作者の許諾を得ておくこと。
  • 最終候補に選出された場合は、著作権処理を応募者の責任と費用負担で行なうこと。
    (替え歌は著作者に改変の許諾を得る必要あり。 歌詞やCMの言葉の記載は不可→FAQ参照

応募上の注意
  • 最終候補作となった場合、「優秀新人戯曲集」の統一レイアウト・統一フォントに則った掲載を了承すること。
  • 受賞作と最終候補作の作者は、名前(ペンネーム)・年齢・居住都道府県・略歴を、当サイト・会報・「優秀新人戯曲集」などに掲載します。

原稿形式/必要記載事項
■戯曲/3部
表紙・あらすじ・本文を1部ずつ順に重ね、ダブルクリップでとめたものを、必ず3部送付。
※昨年までは2部だったところ、今年は3部の送付ですのでご注意ください。

《表紙》
・作品タイトルと作者名を記載。

《あらすじ》
・800字~2000字程度。(※あらすじにも作品タイトルと作者名を付記すること)

《本文》
・ワープロの場合は、片面印刷でA4用紙に800~1600字詰め。(原稿用紙への印刷は不可)
・手書きの場合は、400字詰め原稿用紙使用。
・枚数は、400字詰め原稿用紙に換算して250枚程度を上限とする。
・ページ番号をつける。

■応募票/1部
公式サイトの募集要項ページから応募票をダウンロードのうえ、必要事項を記載してください。
・応募票は1部のみ。
・応募原稿の返却には応じかねるので注意のこと。

応募先
〒166-0002
東京都杉並区高円寺北2-29-14-501
日本劇作家協会 事務局


※応募の際は「新人戯曲賞応募作品」と封筒に明記のこと。

応募受付期間
2023年6月1日(木)〜7月3日(月) 消印有効
※7月3日消印を厳守のこと。
※7月4日以降の消印の作品は選考外とします。
※海外から応募の場合は、7月4日(火)までの到着を厳守してください。

当賞に関するよくある質問
劇作家協会新人戯曲賞Q&A

最終審査員(二次審査員を兼ねる)
長田育恵
鹿目由紀
シライケイタ
瀬戸山美咲
平田オリザ


選考過程
《一次審査》
通過作は2023年8月下旬発表予定

《二次審査》
最終候補作は2023年10月中〜下旬発表予定

《最終審査》
受賞作は2023年11月半ば発表予定(前後する場合があります)

・書籍「優秀新人戯曲集」:2024年1月刊行予定
※最終審査会の一般公開は行いません。

著作権
著作権は応募者に帰属します。

主催
一般社団法人 日本劇作家協会



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る


『それでも、生きてゆく』
坂元裕二 シナリオブック


当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

note創作大賞 2023

note創作大賞
note創作大賞 2023
締切:2023年7月17日(月) 23:59まで [Web応募]
「創作大賞」とは、インターネットでの創作すべてを対象にした、日本最大級の投稿コンテストです。昨年初めて開催し、受賞者のうち2名が書籍化、1名が映像化を実現しました。今回は、昨年を大きく上回る13編集部の協賛を得て、パワーアップして開催します。

noteの街で生まれた作品たちが、その外にいる多くの人のもとにも届くように。
それが、創作者すべての可能性を押し広げる未来につながるように。
わたしたちnoteは、パートナーメディアの方々とともに、デビューへの道すじをつくっていきます。

入賞賞金
prize_1.jpg
《編集部賞とは》
各編集部につき1名受賞作品を決定します。受賞作品には担当編集がつき、雑誌・メディアへの掲載や、書籍化などを目指します。

prize_2.jpg

prize_3.jpg

prize_4.jpg
《読者賞とは》
スキの数やコメント数、読了率などを総合的に判断し、読者からの人気が高かった作品に賞を進呈します。

当コンテスト 3つの特徴
■13編集部がデビューを後押し!
小説、漫画原作、エッセイ、コミックエッセイの部門では、協賛編集部が書籍化・連載などを後押し。応募はプロ・アマ問いません。

■読者人気の高い作品には読者賞を進呈!
スキの数やコメント数、読了率など、読者のみなさんの応援が審査に反映されます。

■ジャンルにとらわれない作品も幅広く募集!
オールカテゴリ部門では、ノウハウ、レシピ、音楽、写真、ゲームシナリオなど、幅広い作品を募集します。

募集部門
部門によって、文字数やあらすじの有無など、応募形式が異なります。
詳しくは、応募したい部門の公式ページをご覧ください。

オールカテゴリ部門
ミステリー小説部門
恋愛小説部門
お仕事小説部門
ファンタジー小説部門
イラストストーリー部門
漫画原作部門
エッセイ部門
コミックエッセイ部門

応募方法/応募規定
    《応募方法》
  1. noteにログインします。
  2. 応募作品を作成します。
  3. 「#創作大賞2023」と、応募する部門の指定ハッシュタグを1つ設定して、記事を投稿します。
  4. 投稿後、記事下に「#創作大賞2023」のバナー画像が出ていれば応募完了となります。

《投稿形式》
部門によって、文字数やあらすじの有無など、応募形式が異なります。
詳しくは、応募したい部門の公式ページをご覧ください。

オールカテゴリ部門
ミステリー小説部門
恋愛小説部門
お仕事小説部門
ファンタジー小説部門
イラストストーリー部門
漫画原作部門
エッセイ部門
コミックエッセイ部門

    《応募規定》
  • 自ら創作したオリジナル作品のみ応募可能です。ChatGPT等のAIを活用して創作した作品は「オールカテゴリ部門」のみ応募可とします(オールカテゴリ部門以外は、受賞後にAI等による創作だと判明した場合は、受賞が取り消しとなる可能性があります)。
  • お一人で2作品以上を応募することも可能です。
  • 1つの作品を複数の部門に応募することはできません。
  • プロ、アマチュアなど、応募者の実績は問いません。
  • 過去にnoteに投稿した作品は、部門ごとの応募形式に整えてから応募ください。応募規定に沿った投稿であれば、募集開始前の公開日の記事でも審査対象となります。
  • 過去に、他投稿サイトやSNS、同人誌など個人で発表している作品の応募も可能です(イラストストーリー部門は、今回のお題に対して書かれた新作のみ応募可能です)。
  • 過去に商業誌や商業サイト、書籍として発表済の作品は、選考対象外となります。
  • 過去に他のコンテストに応募した作品を応募することも可能ですが、本コンテストの結果発表前に、他のコンテスト等で受賞した場合には、選考対象外となります(イラストストーリー部門は、今回のお題に対して書かれた新作のみ応募可能です)。
  • 応募作品の著作権はクリエイターに帰属します。
  • 著作権法を遵守した内容で投稿をお願いします。詳しくは「創作を後押しする著作権の考え方」をご確認ください。
  • 募集内容に関係がない応募記事のハッシュタグはnote運営側で外すことがあります。

審査・受賞作品について
  • 審査基準、選考結果など審査に関するお問い合わせには応じることができませんので、あらかじめご了承ください。
  • 利用規約および応募規定を守っていない作品は、選考の対象外となります。また、利用規約および応募規定が守られていない場合、こちらから個別にご連絡はいたしませんので、ご了承ください。
  • 応募は、第三者の著作権その他の権利を侵害、または、そのおそれがないと認められる作品に限ります。第三者から盗作等の指摘を受けた場合は、すべて応募者ご自身でご対応いただきます。
  • 利用規約または応募規定に違反していた場合には、審査後であっても受賞を取り消すことがあります。
  • 受賞者の発表は、記事および受賞者へのご連絡メールをもってかえさせていただきます。メール送付日から20日以内にご連絡がつかない場合、受賞を取消しとさせていただきます。
  • 個人情報の取り扱いはnote株式会社のプライバシーポリシーに従います。
  • メディア掲載や書籍化、映像化に関する具体的な内容・手続き等に関しましては入選後別途協議の上で決定させていただきます。18歳未満の方の場合、保護者の同意をいただきます。
    メディア掲載や書籍化に際しても、入選者の作品にかかる著作権に関しては、入選者に留保されます。
  • 該当作品の発表・宣伝を目的とした使用については、noteおよび関連する協賛編集部に無償で許諾いただくものとします。またその際、レイアウトの都合上の改変をすることがあります。
  • 書籍化などの際の印税や使用料などは、別途協議の上、決定させていただきます。

スケジュール
《応募期間》
4月25日(火)〜7月17日(月) 23:59

《読者応援期間》
4月25日(火)〜7月24日(月)23:59

《中間結果発表》
9月中旬(予定)

《最終結果発表》
10月下旬(予定)

いずれの部門に応募された作品も、読者応援期間の人気度(スキ数やコメント数、読了率などを総合的に判断)を参考にして、一次選考通過作品を決定いたします。その後、note運営事務局にて二次選考を実施。オールカテゴリ部門への応募作品はnote運営事務局が、そのほかの部門の応募作品は協賛編集部が最終選考を行い、受賞作品を決定します。

よくある質問と回答
創作大賞についてのよくあるご質問(FAQ)



※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る


『それでも、生きてゆく』
坂元裕二 シナリオブック


当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
アクセス数が多いページ
スマホ版サイト
締め切り月別検索
脚本術と創作の参考書

ドラマ『それでも、生きてゆく』
脚本:坂元裕二 シナリオブック


映画『怪物』 脚本:坂元裕二
オリジナルシナリオブック

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術


脚本を書くための101の習慣

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

対立・葛藤類語辞典 上巻
対立・葛藤類語辞典 上巻


ストーリーの解剖学


人気海外ドラマの法則21
SNS(X / Bluesky)
サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣東映
 ┣TSUTAYA
 ┣JIMCA
 ┣TOKYO FM
 ┣劇団NLT
 ┣人間座
 ┗PAP企画
 ┣Hulu
 ┣AbemaTV
 ┣講談社
 ┣集英社
 ┣松山市
 ┣学研
 ┣AFJ
 ┣TapNovel
 ┣note
 ┣文芸社
サイト内検索