シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募情報をまとめた、シナリオライター・脚本家・作家・映画監督・漫画原作者などを目指す人向けのサイトです。
映画、TVドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、絵本、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイド。
X(旧Twitter)Blueskyでは、募集中のコンクールや審査結果、脚本術、作家の話題、ドラマ・映画関連情報、創作ネタなどを投稿しています。

月刊ドラマ 2023年 12月号 (11月17日発売)

月刊ドラマ 2023年 12月号

月刊ドラマ 2023年 12月号

コンクール
第23回 テレビ朝日新人シナリオ大賞 受賞作発表

第23回の今回、テーマ「ラブストーリー」で募集を行った、脚本家の登龍門。
応募総数1023篇から選考の結果、大賞1篇、優秀賞2篇が選ばれた。
受賞作3篇の脚本と、受賞3氏の喜びの声「受賞の言葉」、最終選考委員の脚本家・井上由美子氏、岡田惠和氏、両沢和幸氏による「選考作家座談会」を掲載。

《掲載脚本》
■大賞
松下沙彩『スプリング!』

■優秀賞
伊藤彰汰『雨のサンカヨウ』

■優秀賞
寺岡恭兵『スマートフォンより愛をこめて』


コンクール
第48回 創作テレビドラマ大賞 最終選考結果発表

日本放送作家協会、NHKが共催するテレビドラマ脚本コンクール。大賞作品はドラマ化され、NHKで放送。今回、応募総数1063編から選考の結果、大賞1編、佳作2編が選ばれた。
今回、大賞を受賞した竹上雄介・作『明日、輝く』と、受賞3氏の喜びのコメント「受賞の言葉」、最終選考会の直後に行われた「最終選考・選評座談会」を掲載。

《掲載脚本》
竹上雄介『明日、輝く』

《最終選考委員》順不同・敬称略
【脚本家】
池端俊策
梶本恵美
清水友佳子
西田征史
久松真一
【NHK・NHKエンタープライズ】
柳川 強(NHK)
板垣麻衣子(NHK)
高橋 練(NHKエンタープライズ)
落合 将(NHKエンタープライズ)
樋渡典英(NHKエンタープライズ)

司会:井出真理(日本放送作家協会・公募プロジェクト担当)
立会:武田樹里(日本放送作家協会)

連載
◆根本ノンジ『歯軋りの日々』(12)
脚本家4氏が月替わりで執筆するエッセイ。今号は、テレビドラマ『監察医 朝顔』『フルーツ宅配便』『サ道』『相棒シリーズ』『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』『正直不動産』『パリピ孔明』、2024年度後期NHK連続テレビ小説『おむすび』ほか多数のドラマ脚本を手がける根本ノンジ氏。今回は『パリピ孔明とおむすび』。

脚本公募情報
《選考結果》
第19回 北のシナリオ大賞
第17回 南のシナリオ大賞

《募集要項》
創作ラジオドラマ大賞

ライター掲示板
今西祐子
神田優
椎名雅史
中澤香織
藤平久子
三浦駿斗
渡辺千穂

情報/トピックスコーナー
オーディオドラマコーナー


月刊ドラマ 2023年 12月号


『それでも、生きてゆく』
坂元裕二 シナリオブック


当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

月刊シナリオ 2023年 12月号 (11月2日発売)

月刊シナリオ 2023年 12月号

月刊シナリオ 2023年 12月号

掲載シナリオ
『火の鳥 エデンの花』
脚本:真野勝成 木ノ花咲
監督:西見祥示郎
原作:手塚治虫
出演(声):宮沢りえ 窪塚洋介 吉田帆乃華 イッセー尾形

《作品について》
訳あって地球から逃亡し、辺境惑星エデン17に降り立ったロミと恋人ジョージ。しかし未開の惑星での生活は厳しく、ジョージは事故で命を落としてしまう。ロミは1人息子のために自分の命を引き延ばそうとコールドスリープに入るが、機械の故障で1300年間も眠り続けてしまう。ようやく目覚めたロミは、新人類が築いた巨大な町・エデン17の女王となる。ある日、ロミの望郷の思いを知った心優しい少年コムは、ロミとともに地球を目指すべく広大な宇宙へと旅に出る。

▶脚本ノート
真野勝成 最後に故郷に戻るように

▶Point of view
木崎加奈子 ふるさとは遠きにありて思ふもの



『唄う六人の女』
脚本:石橋義正 大谷洋介
監督:石橋義正
出演:竹野内豊 山田孝之 水川あさみ アオイヤマダ 服部樹咲 萩原みのり 桃果 武田玲奈 津田寛治 白川和子 竹中直人

《作品について》
父の訃報を受けて帰郷した萱島と、萱島の父が所有していた土地を譲り受ける予定の宇和島は、車で山道を走る途中で事故に遭い気を失ってしまう。目を覚ますと、2人は謎めいた6人の女たちによって森の奥深くの屋敷に監禁されていた。

▶脚本ノート
大谷洋介 『唄う六人の女』脚本執筆の経緯

▶Point of view
佐野宜志 ト書きを見よ



『竜二』
《公開40周年記念上映》
脚本:鈴木明夫
監督:川島透
出演:金子正次 永島暎子 もも 佐藤金造 北公次 岩尾正隆 大塚五郎 小川亜佐美 菊地健二 若林哲行 相原昭典

《作品について》
新宿・歌舞伎町界隈を縄張りとする三東会幹部の竜二は、アパートの一室に開いた闇のルーレット場を2人の舎弟に仕切らせ、順風満帆な日々を送っていた。そんなある日、金と出世欲だけで動くヤクザの世界に疎ましさを感じた彼は、妻まり子と幼い娘あやと一緒に暮らすため堅気になることを決意。裏社会から足を洗って酒屋で働きはじめた竜二は、平凡で慎ましい家族との生活に心の安らぎを覚えるが……。

▶インタビュー
金子正次 ホンなんて誰でも書けるんじゃないか…(再録)

▶Point of view
真辺克彦 “時代が許しちゃくれなくても、半端モンは永遠に不滅です”

座談会
ゲームシナリオとチームライティング(前・後編)

《ゲスト》
宍戸義孝
野村イクミ
鈴木洋介

《聞き手》
木崎加奈子
小嶋健作
佐野宜志

《司会》
三谷伸太朗

連載
■川﨑いづみ
脚本家リレー日記 オワコンだからしゃあない(25)

■戸田学
〜それをいっちゃあ、おしまいよ 戸田学の映画雑録〜(48)

■伴一彦
この世は舞台(36)

■鈴木洋介
ああ忙しや、アニメ脚本家(2)

■磯谷貴彦
ミニシアター通信・ロイヤル劇場(20)

追悼 中島貞夫
高田宏治/畏友・中島貞夫への最後の手紙

月刊シナリオ 2023年 12月号


『それでも、生きてゆく』
坂元裕二 シナリオブック


当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
アクセス数が多いページ
スマホ版サイト
締め切り月別検索
脚本術と創作の参考書

ドラマ『それでも、生きてゆく』
脚本:坂元裕二 シナリオブック


映画『怪物』 脚本:坂元裕二
オリジナルシナリオブック

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術


脚本を書くための101の習慣

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

対立・葛藤類語辞典 上巻
対立・葛藤類語辞典 上巻


ストーリーの解剖学


人気海外ドラマの法則21
SNS(X / Bluesky)
サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣東映
 ┣TSUTAYA
 ┣JIMCA
 ┣TOKYO FM
 ┣劇団NLT
 ┣人間座
 ┗PAP企画
 ┣Hulu
 ┣AbemaTV
 ┣講談社
 ┣集英社
 ┣松山市
 ┣学研
 ┣AFJ
 ┣TapNovel
 ┣note
 ┣文芸社
サイト内検索