シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募情報をまとめた、シナリオライター・脚本家・作家・映画監督・漫画原作者などを目指す人向けのサイトです。
映画、TVドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、絵本、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイド。
X(旧Twitter)Blueskyでは、募集中のコンクールや審査結果、脚本術、作家の話題、ドラマ・映画関連情報、創作ネタなどを投稿しています。

月刊シナリオ 2015年 1月号 (12月3日発売)

月刊シナリオ 2015年 1月号 (12月3日発売)

月刊シナリオ 2015年 1月号 (12月3日発売/日本シナリオ作家協会)

▼掲載シナリオ

『百円の恋』
脚本:足立紳
「第一回松田優作賞」グランプリ受賞作品

監督:武正晴 
出演:安藤サクラ 新井浩文 稲川実代子 早織 宇野祥平 坂田聡 沖田裕樹 吉村界人 松浦慎一郎 伊藤洋三郎 重松収 根岸季衣

《作品について》
松田優作の出身地・山口県で開催されている周南映画祭で、2012年に新設された脚本賞「松田優作賞」第1回グランプリを受賞した足立紳氏の脚本を、「イン・ザ・ヒーロー」の武正晴監督のメガホンで映画化。
不器用でどん底の生活を送っていた女性が、ボクシングを通して変化していく姿を描いた。実家でひきこもり生活を送る32歳の一子は、離婚して出戻ってきた妹とケンカしてしまい、やけになって一人暮らしを始める。100円ショップで深夜勤務の職にありついた一子は、その帰り道に通るボクシングジムで寡黙に練習を続ける中年ボクサーの狩野と出会い、恋をする。しかし幸せも長くは続かず、そんな日々の中で一子は自らもボクシングを始める。
2014年・第27回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞。

《インタビュー》
足立紳×丸山昇一 
第1回松田優作賞受賞「百円の恋」受賞者・選考委員インタビュー 
〜100円ショップ・100円ライター(聞き手:後河大貴)




松田優作+丸山昇一
未映画化シナリオ選

『荒神』
脚本:丸山昇一

『プロデュース』
脚本:丸山昇一

《創作ノート》
丸山昇一 〜没後二十五年—松田優作のために書いた脚本〜

▼連載

照井康夫 
野田高梧の「蓼科日記」
第12回 小津の「隔雲荘」お披露目から「東京暮色」脚本完成宴へ

佐伯俊道 
終生娯楽派の戯言
第32回(番外編)ホラふき監督の罪の深さよ3

モルモット吉田 
シナリオ評/「荒神」「プロデュース」

▼金志軒「韓日対訳創作シナリオ選集」の勧め

加藤正人 
簡潔にして深く、廉潔にして高く

▼情報 シナリオボックス

作家通信 
池田太郎 高橋郁子

第25回新人シナリオコンクール 
特別賞 大伴昌司賞 作品募集

月刊シナリオ 2015年 1月号 (12月3日発売/日本シナリオ作家協会)
 

『それでも、生きてゆく』
坂元裕二 シナリオブック


当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
アクセス数が多いページ
スマホ版サイト
締め切り月別検索
脚本術と創作の参考書

ドラマ『それでも、生きてゆく』
脚本:坂元裕二 シナリオブック


映画『怪物』 脚本:坂元裕二
オリジナルシナリオブック

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術


脚本を書くための101の習慣

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

対立・葛藤類語辞典 上巻
対立・葛藤類語辞典 上巻


ストーリーの解剖学


人気海外ドラマの法則21
SNS(X / Bluesky)
サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣東映
 ┣TSUTAYA
 ┣JIMCA
 ┣TOKYO FM
 ┣劇団NLT
 ┣人間座
 ┗PAP企画
 ┣Hulu
 ┣AbemaTV
 ┣講談社
 ┣集英社
 ┣松山市
 ┣学研
 ┣AFJ
 ┣TapNovel
 ┣note
 ┣文芸社
サイト内検索