シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募情報をまとめた、シナリオライター・脚本家・作家・映画監督・漫画原作者などを目指す人向けのサイトです。
映画、TVドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、絵本、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイド。
X(旧Twitter)Blueskyでは、募集中のコンクールや審査結果、脚本術、作家の話題、ドラマ・映画関連情報、創作ネタなどを投稿しています。

ドラマとは何か? ストーリー工学入門/創作語録ピックアップ

脚本術・シナリオ入門語録 ピックアップ

シナリオの参考書・入門書などに書かれている脚本術に関することや印象に残った言葉を出典と共にピックアップしています。出典元はプルダウンメニューから選択してください。


ドラマとは何か?
ストーリー工学入門


創作技術指導の困難な理由のひとつは、否応なく人間の価値観の根底に関わらざるを得ないという点。作者が何を人生最高の価値と考え、社会の中のどの部分を愛し、誰のために働くのか。価値観の種類は作者の数だけある。この領域を技術から切り離すことはできない。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

片々たる私生活雑記と、がっちりとしたストーリー構成を持つエンターテインメントは本質的に異なっています。それはシナリオや小説の創作が専ら頭脳の中だけの「情報」を素材とし、全く目に見えない心理的筋肉を働かして行う力仕事であるためと思われます。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

シナリオや小説を書こうとする時、頭の中では「こうしたい」「こうあるべきだ」という非常に強い力が働いている。一方、他者の側からは「いや、現実にはこうだ」という同じような強い反駁が提出される。創作は、この2つの正反対の力の衝突と葛藤の中で進んで行く。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

作家というのは、自分が良い子になろうとしては決して成り立たない因果な商売です。人間の中の「抑圧された、暗い、放恣な部分」を白日の下に引きずり出して来なければ殆ど仕事にならない困った稼業です。「天使」の創造には「悪魔」の協力が不可欠なのです。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

創作の仕事には、自分の中の抑圧された「悪の部分」を解放し、協力させることが必要です。自分の「低く、醜い部分」を挙げて作品の中に投入しなければなりません。自分の「高い部分」だけを使ってすぐに良い子になろうとするとロクな作品が生まれません。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

心理学者ウィリアム・ジェームズの云うように、人は悲しいから泣くのではない、泣くから悲しいのです。感情表現を初めから的のように狙った場合、感情は死んでしまう。むしろその直接法を捨て人物の行動の創造に絞れば、生きた本物の感情は結果として現れるでしょう。
性格があって行動があるのではなく、行動があった結果として性格がある。作者はまずその人物独自の「行動」の創出にこそ力を尽くすべきで、「性格描写」などという紛らわしいものを初めから追いかけたりするべきではない。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

一本のドラマは、一人の主人公が「超目標」を追及する「貫通行動」をバックボーンとして構成されます。世にグランドホテル形式と呼ばれる複数の主人公を扱うものもありますが、これはその舞台(ホテル等)そのものを一つの行為体=主人公として考えて良いでしょう。
ドラマの創作のためには、作者がその主人公になり、主人公の「環境」でその「超目標」を追及して実際に連続して行動することが絶対の基本になるのです。環境と超目標は、そのドラマの時間的空間的限界を決定します。
「作者の密室」で行われる「環境(社会枠→他者)」と「超目標(貫通行動→自己)」の衝突、そこにこそ千変万化のドラマを生み、万華鏡のような人間模様を展開する錬金の坩堝があるのです。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

シナリオ創作の上での悪い例として「話がダンゴになる」というものがあります。これは話がそれぞれの単位行動の中で完結してしまい、全体として大きく盛り上がらない、まるで串刺しの団子のような印象になってしまうことです。
話がダンゴになってしまうのは、構成というものをあまりに単細胞に考え、その論理的構築に失敗した例で、全編をただ一つのクライマックスで統一することを忘れた悪しき例と云うべきでしょう。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

ドラマの構成単位を表す言葉で「シークエンス」というものがあります。これは、主人公がその中で単位行動を完結させる時間的な一区切り、長編小説の章のようなものです。通常、劇場用映画あるいは2時間のテレビドラマは、6~8個のシークエンスで成り立っています。
1時間のテレビドラマとなるとシークエンスは5~7個程度と考えることができます。この数については別に厳密な規約があるわけではなく例外も多いですが、この辺りがまずは人間の生理的条件に合致するものらしく、一応経験的に納得できる数と云ってよいでしょう。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

主人公の行動に詰まった時などは、逆に環境の側を動かしてみるのです。その環境の動きに対応して主人公の新しい発展の動きは期せずして生まれてくるでしょう。自分の頭の中の二つの対立する力(環境と主人公→前頭葉と脳幹部)を交互に、相互対話的に使うのです。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

クライマックスは、ドラマの中で作者が主題として提出したすべての問題が解決される部分です。とするならば、クライマックスで解決される問題(主題)のすべては、発端部に於いてすでに提出されていなければならないと云うことです。
ドラマの発端部では、まず主人公を超目標に向かって駆り立てる根本原因となる事件を主人公にぶつけ、主人公が全編に渡って行動を貫通する充分な「初速」を獲得することが必要です。それができると、背景や人物の説明などは結果として否応なくできるでしょう。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

ひとつのシチュエーションの中で、その作家でなければ出来ない唯一的な意味を持った行動を想像すること。作家の栄光はまさにそこにあるのです。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

ドラマ作りの第一着手は、まずそのドラマの背骨となる主人公を設定すること。次に、その人物の環境と履歴を具体的・創造的に構築することです。その作業の中で、作者の価値観と主人公の愛の選択をも含めた「超目標」が形造られます。

超目標を抱いた主人公を創造的な環境の中で自由に動かし、環境との相互対話の中から劇的行動を、ストーリーを作り出して行く。その超目標が達成されるかされないか、その最後の瞬間がクライマックスです。超目標はドラマ作りを統一する上で重要な位置を占めています。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

《ブレーンストーミングとKJ法》
シナリオの企画を求め、その細かいストーリー展開を探る時、ブレーンストーミングは極めて有効な方法となります。KJ法は、ドキュメンタリーやPRフィルム、文化映画などを構成する上で極めて有力で、直接役に立つ武器となります。

ブレーンストーミングにしてもKJ法にしても、現在ある観念や情報の組合わせを捨て、私たちの記憶の奥底に抑圧され、隠されている情報を引きずり出し、今までになかった情報の新しい組合わせを発見する。それこそまさに創造というものではないでしょうか?

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

創作の初心者のよくやるやり方は、自分の直接の生活体験や、身辺の出来事などをそのまま作品にしようとすることです。ところがやってみればすぐ分かることですが、これらは本人がどれほど面白い経験だと思っているにせよ、あまり面白い作品にはならないのです。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

初心者のシナリオではよく、主要人物周辺のA、B、C、D……といった端役に噂話をさせて、主要人物の性格やシチュエーションを説明するというケースが見られますが、これは説明や紹介の方法としては甚だ稚拙なもので、俗に「聞いたか坊主」の手法などと呼ばれています。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

脚本家が無責任に書いた一行が、小道具係や衣装係の誰かをキリキリ舞いさせることがあります。また、過剰な文学的叙述や個人趣味の押し売りも不要です。脚本家が本当に良い脚本を書くためには、映像製作の手順やメカニズムをよく識っていることが望ましいのです。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

シナリオは読物ではなく映像の設計図なので、人々に楽しんで貰うには映像化しなければ意味がない。シナリオを書く人は否応なしに巨大な現代資本とその回収システムの中に入って行かざるを得ない。すなわち、シナリオ作家はプロを目指し、またプロでなければならない。

多くの企画の中から実際に採用され、シナリオ化され、映像化される基準は何か? それはその企画がどれほどの利潤をもたらしてくれるかという見込みにあり、芸術的あるいは思想的価値といったものは、それらが商売に直結すると判断されない限り殆ど無視されます。

映像の製作は、脚本家を含めた集団の作業です。その集団は、芸術的あるいは道徳的動機ではなく、経済的動機(利潤追求)を動因として動いています。これは事の是非善悪ではなく、脚本家を取り込む一つの現実として、充分に銘記しておくべき点でしょう。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門

脚本家を志す人は、一定のプロデューサーにつき、企画書の勉強をするのも良い方法です。企画書の中にはシナリオ構成の全てがあります。一編の映画の狙いを企画意図とストーリーの中に簡潔に纏め上げることは、ドラマの「核」が見えなくては出来る仕事ではありません。

出典:ドラマとは何か? ストーリー工学入門


『それでも、生きてゆく』
坂元裕二 シナリオブック


当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
アクセス数が多いページ
スマホ版サイト
締め切り月別検索
脚本術と創作の参考書

ドラマ『それでも、生きてゆく』
脚本:坂元裕二 シナリオブック


映画『怪物』 脚本:坂元裕二
オリジナルシナリオブック

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術


脚本を書くための101の習慣

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

対立・葛藤類語辞典 上巻
対立・葛藤類語辞典 上巻


ストーリーの解剖学


人気海外ドラマの法則21
SNS(X / Bluesky)
サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣東映
 ┣TSUTAYA
 ┣JIMCA
 ┣TOKYO FM
 ┣劇団NLT
 ┣人間座
 ┗PAP企画
 ┣Hulu
 ┣AbemaTV
 ┣講談社
 ┣集英社
 ┣松山市
 ┣学研
 ┣AFJ
 ┣TapNovel
 ┣note
 ┣文芸社
サイト内検索