シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募情報をまとめた、シナリオライター・脚本家・作家・映画監督・漫画原作者などを目指す人向けのサイトです。
映画、TVドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、絵本、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイド。
X(旧Twitter)Blueskyでは、募集中のコンクールや審査結果、脚本術、作家の話題、ドラマ・映画関連情報、創作ネタなどを投稿しています。

STARDUST DIRECTORS film fes. 2021 ショートフィルムコンペティション

STARDUST DIRECTORS film fes. 2021 ショートフィルムコンペティション
STARDUST DIRECTORS film fes. 2021
ショートフィルムコンペティション

締切:2021年5月31日(月) 23:59まで
芸能プロダクション・スターダストグループに所属する映画監督らによる映画イベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」を9月19日(日)・20日(月・祝)に開催します。
所属監督の作品上映はもちろん、昨年に続き若手監督発掘のために一般から短編作品を募集する「ショートフィルムコンペティション」を継続して行います。

《若手監督発掘プロジェクト》
若手監督を輩出してきたスターダストが、ショートフィルムコンペティション部門を開催。
30分以内の短編作品を募集し、審査員の厳正なる審査により上位4作品を決定。上位4作品は「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021賞」としてイベント内でスクリーンにて上映される。
さらにその中から、当日の審査員・ご来場のお客様の評点により、グランプリ作品「STARDUST賞」を決定。
今年の審査員には『思い、思われ、ふり、ふられ』を手がける岸田一晃プロデューサー(東宝)、『ホットギミック ガールミーツボーイ』を手がける髙橋直也プロデューサー(東映)、『弱虫ペダル』を手がける寺西史プロデューサー(松竹)、そして連続テレビ小説『わろてんか』の脚本を務めた吉田智子氏(脚本家)の参加も決定し、商業映画界の第一線で活躍するプロデューサーやクリエイターによる厳正なる審査が行われる。
数々の話題作を生み出す本物のプロたちに自分の作品を観てもらえるチャンスです。あなたの才能を是非みせつけてください。

入賞
■STARDUST DIRECTORS film fes. 2021賞
「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」にて上映・舞台挨拶、所属監督との交流会にご参加いただきます。

■STARDUST賞
スターダスト所属タレント、俳優、女優、モデル、アーティストが出演する作品を監督する機会が与えられます。
※STARDUST DIRECTORS所属監督が監修に入る可能性があります。

応募条件/募集作品
  • 実写/アニメーション問わず、30分以内の短編映画作品。
  • 自称35歳までの監督/脚本作品。
    ※権利が企業や団体に譲渡されておらず、応募者本人に帰属している作品のみ応募可能です。
    ※監督ご本人のみ応募可能です。
    ※作品の中に映像、音楽、小説、漫画、画像、効果音等の別の著作物を使用している場合は、応募者の責任において、全て権利処理を済ませてください。
    ※他コンペティションで受賞歴のある作品は応募不可。
応募方法/提出物
  1. 公式サイトにある「応募」をクリックし、お名前・メールアドレスを記入して送信してください。
  2. 応募申込完了のメールが届きますので、そこに記載されている項目に従って、作品データ・脚本データ・応募者情報・作品情報を提出してください。
    応募申込完了メールから約1週間以内でデータ提出をお願いします。
    ■作品データ(16:9/ステレオ/30分以内)
    ■脚本データ(PDF or Word)
    ※「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021賞」に選ばれた上位4作品は、上映用にBlu-rayもしくはデータ、ポスターや場面写真などのキービジュアル(2種類)を提出して頂きます。
応募受付期間
2021年4月1日(木)12:00 ~ 2021年5月31日(月)23:59

審査方法
ご応募頂いた全作品を審査し、「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021賞」の4作品を選出します。
受賞した4作品は7月に公式サイトにて発表され、9月19日(日)・20日(月・祝)に開催する「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」にてスクリーンで上映されます。
その中から審査員と当日ご来場されているお客様の評点にて「STARDUST賞」を決定します。

審査員
岩倉達哉(SDP/映画プロデューサー)
岸田一晃(東宝/映画プロデューサー)
髙橋直也(東映/映画プロデューサー)
寺西史(松竹/映画プロデューサー)
吉田智子(脚本家)
※五十音順、敬称略

《STARDUST DIRECTORS film fes. 2021賞》
「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」(9月19日(日)・20日(月・祝)開催)にて上映・舞台挨拶、所属監督との交流会にご参加いただきます。

《STARDUST賞》
スターダスト所属タレント、俳優、女優、モデル、アーティストが出演する作品を監督する機会が与えられます。
※STARDUST DIRECTORS所属監督が監修に入る可能性があります。

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」イベント概要
【タイトル】STARDUST DIRECTORS film fes. 2021
【日時】2021年9月19日(日)・21日(月・祝)
【場所】ユーロライブ(住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2階)
【上映作品】『青空エール』、『劇場版 そして、生きる』、他

【ショートフィルムコンペティションについて】
本イベント内でショートフィルムコンペティションも同時に行います。
ご入場の際に審査シートをお渡ししますので、ご来場のお客様もぜひ審査にご参加頂きますようご協力をお願い致します。
※自由参加です。

個人情報の取り扱いについて
プライバシーポリシー(個人情報保護方針)について

応募先
  1. 公式サイトにある「応募」をクリックし、お名前・メールアドレスを記入して送信してください。
  2. 応募申込完了のメールが届きますので、そこに記載されている項目に従って、作品データ・脚本データ・応募者情報・作品情報を提出してください。
    応募申込完了メールから約1週間以内でデータ提出をお願いします。
    ■作品データ(16:9/ステレオ/30分以内)
    ■脚本データ(PDF or Word)


※応募の際は公式サイトの募集要項を必ずご確認ください。
※募集要項の内容や選考に関するお問い合わせについては、当サイトでお受けすることはできませんのでご了承ください。

公式サイトの募集要項を見る


『それでも、生きてゆく』
坂元裕二 シナリオブック


当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
アクセス数が多いページ
スマホ版サイト
締め切り月別検索
脚本術と創作の参考書

ドラマ『それでも、生きてゆく』
脚本:坂元裕二 シナリオブック


映画『怪物』 脚本:坂元裕二
オリジナルシナリオブック

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術


脚本を書くための101の習慣

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

対立・葛藤類語辞典 上巻
対立・葛藤類語辞典 上巻


ストーリーの解剖学


人気海外ドラマの法則21
SNS(X / Bluesky)
サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣東映
 ┣TSUTAYA
 ┣JIMCA
 ┣TOKYO FM
 ┣劇団NLT
 ┣人間座
 ┗PAP企画
 ┣Hulu
 ┣AbemaTV
 ┣講談社
 ┣集英社
 ┣松山市
 ┣学研
 ┣AFJ
 ┣TapNovel
 ┣note
 ┣文芸社
サイト内検索